語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(70ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

複合過去の作り方。主語に合わせ...
複合過去の作り方。 主語に合わせて活用させる動詞は、etreかavoir。移動に関係する動詞、代名動詞はetre.それ以外はetre。それに実際のアクションを表す動詞の過去分詞をつけます。
vienneが接続法なのでsonn...
vienneが接続法なのでsonneも接続法だとわかります。er動詞の接続法は、nous,vousの他は現在形と同じです。でもそれは文脈から判断します。文脈は非常に重要です。
過去における未来は条件法にします。...
過去における未来は条件法にします。間接話法で書かれている文章を、直接話法に直してみるのもとても勉強になります。
ブルターニュ地方は伝説の宝庫です。...
ブルターニュ地方は伝説の宝庫です。こうしたテキストをきっかけにしてアーサー王など読んでみるのもよいかもしれません。過去分詞の使われ方に注意してください。
肯定文と否定文、特にavoirの場...
肯定文と否定文、特にavoirの場合は、目的語の不定冠詞がdeに変わります。
現在分詞は能動的、過去分詞は受動的...
現在分詞は能動的、過去分詞は受動的と覚えておきましょう。そして現在分詞はかならすantが語尾になります。ジェロンディフは、現在分詞の前にenがついたもの。常に主語の動作に関わります。
進め方が早かったかもしれないので、...
進め方が早かったかもしれないので、少し戻ってこまかやりましょう。auはオ、muはウ、oiはォワ、aiはエと発音します。
命令形、話している相手に向かって使...
命令形、話している相手に向かって使います。tu,vous,そしてnousの時の活用にして、主語を取ります。またテキストがわかっていれば、聞き取りも楽になります。
etreは重要な動詞ですから、きち...
etreは重要な動詞ですから、きちんと覚えましょう。また形容詞の女性形、原則はeがつき、子音で終わる場合は発音されていなかった子音が発音されます。sはかならずzと濁ります。
avoirは英語のhaveにあたる...
avoirは英語のhaveにあたる動詞です。色々な名詞と共に、様々な表現ができます。きちんと活用を覚えましょう。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,135件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ