語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(61ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

部分冠詞の使い方。ある種の量を想定...
部分冠詞の使い方。ある種の量を想定している時は部分冠詞を使います。動詞にもよります。manger, il y a , mettreなどな時は部分冠詞がよく使われます。
bleuetはbleuのdimin...
bleuetはbleuのdiminutifです。小さなブルー、そこから野に咲く可憐な花、矢車草の名前となりました。穀物畑に咲く青い小さな花です。平和な牧歌的な風景を思わせるものです。青臭い若造と...
tant mieux, tant ...
tant mieux, tant pisの使い方は、やはり実際の場面で覚えるしかないでしょう。映画、小説でも十分です。例えばお結びを作るのにどうしても海苔が足りない。でもご飯は十分にある。では海...
所有形容詞の使い方。私はm、あ...
所有形容詞の使い方。 私はm、あなたはt、彼、彼女はs、私たちはn、あなたたちはv、で始まると覚えてください。また彼ら、彼女たちはleur,leursです。
フランスの政治体制はなかなか難しい...
フランスの政治体制はなかなか難しいです。pouvoirは権力、droitは権利、loiは法律、法律学、法学部にはdroitを使います。Declaration des droits de l'ho...
いよいよ最後の難関、接続法が出て来...
いよいよ最後の難関、接続法が出て来ました。subjonctifを何故接続法と翻訳しているのかというと、必ず、幾つかの例外を除いて、接続詞queの後に続く文章のなかで用いられる動詞の形だからです。...
形容詞のように使われる過去分詞。s...
形容詞のように使われる過去分詞。situee,venvuなどがそうです。形容詞的に用いられているので、その関わる名詞に合わせて変化します。
所有形容詞などを覚えるこつは、私を...
所有形容詞などを覚えるこつは、私を表す文字m、あなたを表すのはt、三人称はs,複数は、私たちがn、あなたたちがv、三人称複数は例外で、leur,leursと覚えます。 mon ma mes...
フランスでは、例えばVictor ...
フランスでは、例えばVictor Hugoが亡くなった時に国葬にしたように、文学に対する評価がとても高いようです。同じように、作家でなくとも文章を書くことにひおおきな価値を与えています。
目的補語が代名詞に変わると、動詞の...
目的補語が代名詞に変わると、動詞の前に来ます。そして否定文の時は、代名詞と動詞を離さずにそれをneとpasではさみます。複合過去の場合は、基本は活用されている動詞だけをneとpasではさみます。...

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,170件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ