語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(56ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

いよいよ最後の難関、接続法が出て来...
いよいよ最後の難関、接続法が出て来ました。subjonctifを何故接続法と翻訳しているのかというと、必ず、幾つかの例外を除いて、接続詞queの後に続く文章のなかで用いられる動詞の形だからです。...
形容詞のように使われる過去分詞。s...
形容詞のように使われる過去分詞。situee,venvuなどがそうです。形容詞的に用いられているので、その関わる名詞に合わせて変化します。
所有形容詞などを覚えるこつは、私を...
所有形容詞などを覚えるこつは、私を表す文字m、あなたを表すのはt、三人称はs,複数は、私たちがn、あなたたちがv、三人称複数は例外で、leur,leursと覚えます。 mon ma mes...
フランスでは、例えばVictor ...
フランスでは、例えばVictor Hugoが亡くなった時に国葬にしたように、文学に対する評価がとても高いようです。同じように、作家でなくとも文章を書くことにひおおきな価値を与えています。
目的補語が代名詞に変わると、動詞の...
目的補語が代名詞に変わると、動詞の前に来ます。そして否定文の時は、代名詞と動詞を離さずにそれをneとpasではさみます。複合過去の場合は、基本は活用されている動詞だけをneとpasではさみます。...
etreの活用と主語人称代名詞をき...
etreの活用と主語人称代名詞をきっちり覚えましょう。je,tu,ilは主語にしかなれません。またnous,vousは目的語とせても強勢形としても使えます。
1から100まではよく覚えました。...
1から100まではよく覚えました。慣れればすらすらと出てくるでしょう。否定文の時、母音で始まる動詞のエリジョンに注意すること。
caとonの使い方。caはcela...
caとonの使い方。caはcelaの短縮、会話ではとてもよく使われます。またonは、一般的に人はという意味と、会話ではnousの代わりに、音節が短いのでとてもよく使われます。
総復習。かなりきちんと頭に入ってい...
総復習。かなりきちんと頭に入っています。自信なさそうでしたが、もっと自信を持って!よく覚えています。この調子でさらに頑張ってください!
日本語の文章を書いてからそれをフラ...
日本語の文章を書いてからそれをフランス語に訳すのではなく、始めからフランス語で書く癖をつけましょう。簡単なフランス語からまずは始めましょう。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,115件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ