語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(40ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

複合過去
複合過去は、助動詞をavoirにするものとêtreにするものと二種類あります。他動詞はavoirですが、移動に関する自動詞はêtreを助動詞とします。その時過去分詞は形容詞と同じ性質を帯びるので...
代名動詞
主語と同じ人称、数の代名詞を必ず使う動詞です。種類は四つ。まず、主語の動作が自分自身に帰るもの。直訳すると自分自身を起こす、眠らせる、目覚めさせる、、、というもの。次は受け身的な用法。三番目は相...
発音と綴字
三人称複数の動詞の活用の語尾entを忘れないこと。発音はje, tu, il の語尾と同じですが、entが複数であることを表しています。また所有形容詞の複数、mes, tes, ses のsも忘...
第一群動詞 er
je, tu, il, ils の語尾は、−e, −es, −e, −ent ですが、発音は全て同じです。ウという音を大切にしてください。
Le Peit Nicolas
会話の中ではくだけた表現が多く出てきます。またtuがエリジョンすること(t')、否定のneがしばしば省かれること、jeがシュになること、vの音がfになること、などなど語学のテキストにはないものが...
定冠詞、不定冠詞と動詞
aimer, detester, adorer, étudierなどの動詞の目的語は定冠詞がつきます。J'aime la musique.でもavoirの場合は、具体的な数字、または不定冠詞がき...
conditionnel
未来形のrまでの語幹にはん過去の語尾をつけたものがconditionnel, 条件法です。助動詞avoir, être を条件法にして動詞の過去分詞を持ってくると、条件法過去になります。
エリジョン
母音で始まるer動詞の否定文は、n'となるのでje, tu, il, elle, nous, vous,ils, elles はそのままです。そこで躊躇しないこと!
同じ言葉で品詞の異なるもの
形容詞が名詞になるのはわかりやすいけれど、droitのように名詞、形容詞、副詞として使われる場合は、なかなか意味を理解しにくいかもしれません。そういう時は、その言葉の置かれている場所で判断します...
形容詞と複合過去
年取っている、vieuxという形容詞は、男性名詞単数の母音やhで始まる言葉の前ではvielとなります。女性名詞はvieilleです。またfemmeは誰誰のと限定された時は妻の意味になります。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,239件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ