語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

仏検3球
準助動詞、aller, vouloir, pouvoir, devoir, などは、その後にinfinitifがくるので、その動詞の前に直接目的補語、間接目的補語の代名詞が来ます。
条件法過去
もし〜だったならば、〜だっただろうという使い方の他に、単独で〜すれば良かった、〜したかったけれど、という表現も多くつかわれます。J'aurais bien aimé tester là そこにい...
規則動詞
infinitifがerで終わる動詞のほとんどが規則動詞で、同じ語尾変化の活用になります。je, tu, il, ilsの時の発音は全て同じです。
半過去と複合過去
passé composé, imparfait, 複合過去と半過去の形と使い方の違い。複合過去は、過去のアクションに用い、êtreまたはavoirを助動詞として主語に合わせて活用させ、その後に...
複合過去形、助動詞êtreを用いるもの
移動に関する自動詞はこの形態になります。その時過去分詞は、形容詞と同じ法則が適用されます。過去分詞と不定形、現在形の活用をしっかり頭に入れてください。
リエゾン、エリジョン
昔学んだことを、少しづつ思い出していきましょう。リエゾン、エリジョンにも全て意味があります。それを理解しながらもう一度学びなおします。
所有形容詞
まだしっかり入っていません。またer動詞の規則的な活用もしっかり覚えてください。三人称複数の語尾はentです。
比較級、最上級
形容詞、副詞の比較級は、plus, aussi, moins(形容詞、副詞)que (比較の対象)、最上級にはplus, moinsの前に必ず定冠詞がつきます。
フランス語の規則
英語に比べてフランス語は規則が明確です。綴り字と発音の関係もわかりやすいです。まずそういうきそくてき、文法的な事柄をしっかり覚えておくと、これから楽になりますよ。
不定代名詞
plusieurs, quelques, certain(e,, s, es)などには冠詞はつきません。また単数のquelqueの意味は、ある〜で幾つかのという複数の場合と意味が違います。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,110件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ