語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(28ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

復習、継続
alphabetの特に母音字の読み方は、しっかり押さえておくことが大切です。そしてaiはエ、auはオ、ouはウ、それらもしっかり頭に入れてください、
過去分詞と不定形
不定形の終わり方は次の4つ。-er, -ir, oir, -re です。また複合過去を作る過去分詞の終わり方も次の5通りです。 -é, -i, s, -t, -u 、このどれかで終わるのが過...
部分冠詞、直接目的補語の代名詞
数えられない名詞、液体のもの、粒子のもの、抽象的なもの、また総体として扱うので複数にはしないもの、そういうもののある量を表すには部分冠詞を用います。deプラスleがduに縮約されるように、du,...
Bretagne, breton
ブルターニュは特殊な文化を持った地方です。maréeは潮汐、marée hauteは満ち潮、marée basseは干潮のこと。algueは海藻、grèveは海岸、砂浜の意味、またストライキの意...
子供たちの会話
ニコラの物語は子供たちの会話が中心です。それでも接続法、条件法、大過去、勿論半過去、複合過去、全ての時制、全てのmodesが出てきます。
動詞と名詞
cultureは文化という意味ですが、元々は耕すこと、耕作、栽培という意味です。この名詞はcultiverという動詞から派生しています。他にlabourerも同じ意味で、これはlabourという...
発音と綴字
かなりこの関係はストリクトです。aiはエ、auはオ、eがまえにあってもオ、ouはウと発音します。
ニコラの物語
やっと一つ読み終えました。これからは同じパターンの進行ですから、読みやすくなると思います。登場人物の性格もだんだんわかって来るので更に面白くなるでしょう。
時間の表現と様々な句読点の意味
avantの反対はaprès、en avance(進んでいる)の反対はen retard(遅れている)です。ne〜pasは普通の否定ですが、ne〜plusは、もう〜ではないの意味です。言外に、昔...
不規則動詞のシステム
不規則に活用する動詞にも一定のシステムがあります。例えばほとんどの動詞の複数の主語の活用では、語尾はer動詞に一致します。しないのは、être、faire、direのvousの時のesのみです。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,297件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ