語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(25ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ニコラの物語
やっと一つ読み終えました。これからは同じパターンの進行ですから、読みやすくなると思います。登場人物の性格もだんだんわかって来るので更に面白くなるでしょう。
時間の表現と様々な句読点の意味
avantの反対はaprès、en avance(進んでいる)の反対はen retard(遅れている)です。ne〜pasは普通の否定ですが、ne〜plusは、もう〜ではないの意味です。言外に、昔...
不規則動詞のシステム
不規則に活用する動詞にも一定のシステムがあります。例えばほとんどの動詞の複数の主語の活用では、語尾はer動詞に一致します。しないのは、être、faire、direのvousの時のesのみです。
形容詞と副詞
fréquent頻繁に、よく起こる、よく見かける、poli 丁寧な、礼儀正しい、courant 流れるような、すらすらと、récent 最近の、これらは形容詞で、副詞になると、fréquemme...
L'imparfait, le passé composé
過去の点としての動作、完了した行為に、ついてはle passé composé, 過去の状態、習慣、未完了の動作についてはl'imparfait(半過去)が使われます。半過去は動詞自体が語尾変化...
比較級、最上級
比較級で気をつけるのは、bon, bien, それぞれmeilleur, meilleure, mieuxとなり、最上級はle meilleur, la meilleure, le maとなりま...
間接話法
主文が複合過去になっている時、queで導かれる文章は、実際に話した時制が現在形なら半過去に、複合過去なら大過去になります。またnourrirという動詞は、英語のnourishです。
不規則動詞の現在形の活用
不規則動詞は現在形が一番難しいかもしれません。似ているようで微妙に違う活用の動詞はなかなか厄介です。またasseoirは二つの活用があり、テキストに出ていない方はこちら。je m'assois,...
動詞の活用、綴字の発音の仕方
alphabetは特に、母音字の発音を知るために必要です。その文字本来の音がわかるからです。特にeは、次に子音が二つ来ていたり、アクサンが付いている場合のみエの音となります。
avoirの活用
基本ですが、この動詞の活用がしっかり頭に入っていないと、色々困ることが出てきます。もう一度復習してください。エリジョンの時のアポストロフに注意。省略されている言葉があった場所につけます。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,260件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ