語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(21ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

複合過去と現在形
過去分詞は変化してもe、s がつくだけですが、やはり現在形の活用は複雑かもしれません。でも、単数の三つの人称と三人称複数の活用には、一定の法則があり、nous, vous には類似があると認識し...
過去分詞と現在形の活用
, payer, préférerなどer動詞でも特殊なもの、一人称、二人称、三人称単数と三人称複数にアクサンのつく活用をしっかり覚えてください。また第二群規則動詞の複数の人称にsが二つつくこと...
モティーフになりそうなものの名前
poisson, papillon, grue, cigogne, glicine, magnolia, など少しづつでも覚えましょう。
強調構文
qui, quand などで聞かれている時、答えるにはC'est 〜 qui, などのように強調構文にすると、相手に親切な答え方になります。C'est はとても便利な表現です。
Connaître, savoir
どちらも知っているという意味ですかわ、次に場所の名前、人の名前が来る場合はconnaître、que、comment, quand, qui, pouquoi, oùなどが来る場合、また動詞のi...
主語代名詞onの意味
onは会話ではnousの意味でよく使われます。Si on allait au cinéma?これは提案を表す言い方で、映画に行くってのはどう?と友達に尋ねる表現です。勿論この場合onはnousの...
自己紹介、数など
Je m'appelle〜、Ça s'écrit comment? またその後での名前の綴りをフランス語のalphabetで言うこと、慣れましょう。
現在形と複合過去の発音の違い。
耳で聞いた時の時制の違い。過去分詞のェという音、またイという音、u, また、活用されているavoirを認識することの重要性をきちんと把握しましょう。
何を先に言うべきか。
名詞は、存在するもの、また観念、感情などを表す言葉。最も重要なものです。、だからまずそれを言う。それからそのものについて詳細に説明するのです。ですから最初に名詞を言うことで、対話の相手にある程度...
過去分詞の一致
Êtreを助動詞とする複合過去では、過去分詞は主語に一致します。女性形にはe, 複数にはs 形容詞と同じです。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,110件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ