サイタ語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(18ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

文の構造
動詞を述語として使うには、必ず主語の人称、数に合わせて活用させなければなりません。複合過去形にする場合は、助動詞avoirかêtreを主語に合わせて現在形の活用にして、実際の行為を表す動詞は過去...
家族を説明する。
所有形容詞、前置詞de, àなどを使って家族の説明をします。またdeプラスleの縮約du、deプラスlesの縮約desなどを忘れないように。
半過去と複合過去
えあで言えば複合過去は主題、半過去は背景ということになります。重要性、特異性、瞬間的なのが複合過去ということになります。だから物語か動く時は、必ず複合過去になります。
代名動詞の複合過去
代名詞me, te, se, nous, vous, seはjeとils以外はêtreの活用は母音で始まるので、必ずエリジョンするのを忘れないように。
所有形容詞、指示形容詞
形容詞は全て名詞に左右されます。更に所有形容詞は、その人称によっても区別されます。
la moitiéとdemiの違い
まず名詞と形容詞の違いです。la moitiéはつぎにde が来て名詞がきます。la moitié d'une baguette、バゲットの半分、それに対してdemiは、etと共に使うかtrai...
現在形
臨場感を出すために、過去のことであっても現在形を用いることがあります。新聞の記事の事件の状況表現などにも使われます。
代名動詞の複合過去
代名動詞は複合過去にする時は、助動詞はêtreになります。そして代名詞が直接目的補語の場合に、過去分詞が主語に一致します。Je me suis lavé les cheveux. は、les c...
補語
フランス語では、主語と動詞以外のものは全てcomplément 補語とみなします。だから目的語も正確には目的補語となります。直接目的補語には前置詞はつかず、間接目的補語には前置詞がつきます。また...
動詞の現在形
何よりもinfinitifと現在形の活用を完全に覚えることが重要です。何となくという感じで頭の中に入るように、常にフランス語に触れてください。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,412件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ