サイタ語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(12ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

受動態
あまり頻繁に用いることはありませんが、一応使い方は覚えておきましょう。活用する動詞はêtre, 次に実際のアクションを表す動詞は過去分詞にします。複合過去の場合は、まず主語に合わせてavoirを...
時間の表現
depuisが来れば現在形、pendantは複合過去、il y aの後に時間の表現が来れば、〜前の意味になるので、文章は複合過去です。
使役動詞
faireをを使役動詞として用いる場合、何かをさせる相手は直接目的補語になります。だから三人称の代名詞にすると、le, la, lesになります。但しinfonitifの動詞に目的補語がある場合...
文の構造
大切なことは、何が主語で何が動詞なのかを見極めることです。主語は大体文の始めに置かれているのでわかりやすいです。また一つの文章に動詞は一つ、主語も一つです。また関係代名詞の前には必ず先行詞があり...
前置詞
一番多く使われ、様々の意味を持つ前置詞、àとde、これはとても重要です。そして単語を覚える時も、ただhuile油と覚えるよりも、l'huile d'olive のようにオリーブオイルというように...
être, avoir
êtreは次に形容詞、または名詞がきます。その時主語とその形容詞、名詞は属詞の役割を果たします。つまり主語の性質や職業、身分を表します。それに対してavoirは他動詞なので、avoirの後の名詞...
infinitif présent, infinitif passé
否定形に注意することです。infinitif は活用された動詞ではないので、動詞をはさむことなく、infinitifの前にne pasを置きます。フランス語の否定形の、これだけが例外です。
パン屋、肉屋、食料品店など
boucherは後ろ、羊の肉屋、人間のこと、それに対しla bouchetieは肉屋という建物、boulanger、pâtissier、épicier、charcutierも同じ。女性の菓子職人...
La voix passive
êtreプラス動詞の過去分詞で受け身を作ります。未来形の場合は、êtreを未来形に活用させて、過去分詞をつけます。近未来では、allerを主語に合わせて活用させ、次にêtreをそのまま使い、実際...
動詞の活用、時制
infinitifと半過去の語幹の関係、また過去分詞、未来形の語幹など、とても重要なのでしっかり覚えてください。

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,427件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ