語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート(101ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

接続法は、英語にはないmodeです...
接続法は、英語にはないmodeですが、God bless you!などに名残りが残っています。神様があなたを祝福してくれますように!という願望を表します。全てのものが二つの花のように、あなたの額...
そんなに難しいテキストでなくても、...
そんなに難しいテキストでなくても、耳で聞くだけだとなかなか理解しにくい場合があります。でも読むことで培った語彙と文法力でが確実に役立ちます。Bon courage!
否定文。c'estはce n'es...
否定文。c'estはce n'est pasになります。主語jeだけは母音字省略がおきます。発音しにくい言葉は、音節で区切って覚えましょう。
フランス語では冠詞がない場合は、非...
フランス語では冠詞がない場合は、非常に少ないということができます。それだけにとても重要な問題です。これは理屈ではなく、たくさんの例から身につけるのがよいでしょう。それから二人の恋人たちが姿を変え...
履歴書や推薦書類は難しいです。日本...
履歴書や推薦書類は難しいです。日本語でも迷いますね。Bonne chance!
なかなか時間がとれないかもしれませ...
なかなか時間がとれないかもしれませんが、復習に時間をかけてください。 C'est の後には不定冠詞が来る場合が多いです。Il est artisteと言うのに対し、C'est un artis...
さくらんぼの季節。le temps...
さくらんぼの季節。le tempsと単数で言う時は、時、時間、頃など。複数なら限定されない時代時期という意味です。temps des cerisesはさくらんぼの実る頃という意味です。
Il estをイル エと別々に発音...
Il estをイル エと別々に発音せず、一つの言葉のようにイレと発音するのが、enchainementです。これも自然に慣れてゆきますから、今はあまり神経質に考えないのがよいかも?とにかく口に出...
未来形は、動詞が語尾変化して作られ...
未来形は、動詞が語尾変化して作られます。その時の語尾はどんな動詞でも共通です。必ずrが付いて、その後はavoirの現在形とほとんど同じ。nousとvousの時にavが消えるだけです。
受け身は、直接目的補語をとる動詞し...
受け身は、直接目的補語をとる動詞しか機能しません。この絵は1891年に描かれた。という文章では複合過去になります。また半過去の動詞の語幹は、nousの時の現在形が元になります。語尾のonsを省い...

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,324件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ