語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! レッスンノート

フランス語を学ぼう!レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

代名動詞と受動態
代名動詞には受け身の意味もあります。La forêt se voitという文は、On voit la forêt, La forêt est vue のどちらでも書き換えることができむす。La...
過去における未来
間接話法で主節が過去の場合、queで導かれる従属節は、実際に話しているのが未来形である時は、条件法にします。条件法は、過去における未来の意味を表します。
代名動詞の複合過去
助動詞はêtreを用います。代名詞が直接目的補語の場合、過去分詞は代名詞の性と数に一致し、間接目的補語の場合は変化しません。
受動態の接続法
Je suis invité à dîner. 夕食に招かれている。こういう場合はよく受け身を、つかいます。Je suis invité à prendre un verre、いっぱい飲もうと誘...
助動詞の使い分け
複合過去の助動詞、êtreとavoirの使用の違い、移動に関する自動詞はêtre、また代名動詞もêtre、その他の動詞はavoirです。
近未来、近接過去
allerプラス不定形の近未来やvenirプラスde 不定形の近接過去は、けっして完了の過去の表現はありません。〜するところだった、または〜したばかりだったという表現になるので、必ず半過去です。...
色々な否定の表現
ne 〜pasばかりではなく様々な否定表現があります。ne〜plusはもう〜でない、ne〜personne はだれも〜しない、例えばJe ne vois personne は、私は誰にも会わない...
目的語が代名詞の場合の複合過去
動詞の前に直接目的補語がある場合、それは代名詞の時ですが、関係代名詞も含まれます。複合過去形では、助動詞の前に代名詞が来て、この後の過去分詞は代名詞の性、数に一致します。形容詞的になるということ...
代名動詞、他動詞
mangerは具体的に食べる食べ物の名詞が次に来ます。du pain, un sandwich,など。それに対してprendreは、le petit déjeuner とかle dînerがきま...
過去の未来と条件法
間接話法で、主節が過去の場合、実際に話した時制が未来形ならば、que以下の時制は条件法になります。つまり過去における未来を表すのが条件法ということです。また前未来形というものがあります。これは英...

フランス語を学ぼう!のレッスンノート ・・・計1,135件

フランス語を学ぼう! ページ先頭へ