語学の習い事フランス語教室レッスンノート フランス語の否定文

フランス語の否定文

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。
レッスンノートの反映が遅れてしまって、申し訳ありません。
今回の内容は、以下の通りです。

1.宿題の確認。
 プリントおよび、テキストの答え合わせをしました。
 テキストの問題は、これまでの復習問題でした。日本語の文をフランス語訳する問題が少し難しかったようですね。自信があまりないとのことでしたが、そんなことはないですよ。よくできていたと思います!!

2.誰か尋ねる。
「誰ですか?」「それは〜です。」という表現を勉強しました。
 Qui est-ce ?  C'est 〜 .

 ◆ 疑問代名詞 qui
 人について尋ねるときに使います。英語のwhoにあたります。
 quiを使った疑問文は、何を尋ねるかによって疑問文の形が違います。

 ① 主語を問う(誰が?)
  Qui chante ?  - Pascal chante.
  (誰が歌いますか?)  (パスカルが歌います。)

 ② 目的語を問う(誰を?)
  Qui cherchez-vous ? (Qui est-ce que vous cherchez ?)
  (誰を捜していますか?)
  - Je cherche Kumiko.
  (私は久美子を探しています。)

 ③ 属詞を問う(誰?)
  Qui est-ce ?  - C'est Kumiko.
  (これは誰?) (これは久美子です。)

 ◆ 否定文
 フランス語の否定文は、動詞の前後をneとpasではさみます。
  Je suis étudiante.    Je ne suis pas étudiante.
 (私は学生です。)    (私は学生ではありません。)

  C'est le parc de Ueno.   Ce n'est pas le parc de Ueno.
 (これは上野公園です。)  (これは上野公園ではありません。)

 * 動詞が母音や無音のhで始まる場合、ne を n' にしてください。

 ◆ Il y a 〜   「〜がある/いる。」という表現です。
  Il y a + 名詞.
  Il y a des stylos.(ペンがあります。)

 * Il y a 〜 の疑問文(倒置疑問文)
  Y a-t-il des livres sur la table ?
 (テーブルの上に本がありますか?)

 * Il y a 〜 の否定文
  Il n'y a pas de cours.
このレッスンノートを書いたコーチ

大学で指導も!パリでの幼少期、現地大学への留学経験からあなたをサポート

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta