サイタ語学の習い事フランス語教室 大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず レッスンノート Bonsoir, Léa. 【XXIV】 Futur proche et Passé récent

Bonsoir, Léa. 【XXIV】 Futur proche et Passé récent

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

月2回の穏やかなレッスンペースで、振り返ってみるとなかなか程よく複雑な文法内容に至るまで確認していましたね。(^_-)
レッスンの終わりに簡単にこれから確認する文法のダイジェストを確認していきましたが…、

「まだまだ、ありますねー」(笑)

いまいちキチンと理解できていない感じがしたり、学んだ知識が追い付いていない感じがしたりしているかも知れませんが、それはそれで問題ありません。
いずれ、「あっ、そういうことだったのねー」と、ふと記憶や知識が勝手に結びついて「ひらめく」時が来ます。

深追いせずに、程よい距離感を保ちつつ、進んでいきましょう。(^_-)-☆

レッスン内での雑談での話題、「名前のバリエーション」を記しておきます。

□ 「名前(prénom)」の男女での違い

綴りは違うが音は同じ場合(前…男性名、後…女性名)
André Andrée (アンドレ)
Pascal Pascale (パスカル)
Daniel Danielle (ダニエル)
Frédéric Frédérique (フレデリック)
Michel Michelle (ミシェル)

綴りが違い音も違う場合(前…男性名、後…女性名)
Denis(ドゥニ) Denise(ドゥニーズ)
François(フランソワ) Françoise(フランソワーズ)
Martin(マルタン) Martine(マルティーヌ)
Jean(ジャン) Jeanne(ジャンヌ)
Claude(クロード) Claudine(クロディーヌ)
Jacques(ジャック) Jacqueline(ジャクリーヌ)
Laurent(ロラン) Laurence(ロランス)
Romain(ロマン) Romane(ロマーヌ)

綴りも音も同じで男性名でもあり女性名でもある場合
Camille (カミーユ)
Dominique (ドミニク)

複合名(prénom composé)は、前の名前の性で決まります。
Jean-Paul (ジャン=ポール)…男性名
Pierre-Jean (ピエール=ジャン)…男性名
Jean-Marie (ジャン=マリ)…Marie が女性名でも Jean が男性名なので、全体で「男性名」
Anne-Marie (アン=マリ)…女性名
Marie-Claude (マリ=クロード)…Cloude が男性名でも Marie が女性名なので、全体で「女性名」

複合名の宿約系など
Marie-Anne - Marianne(マリアンヌ)
Marie-Thérèse - Maïté(マイテ)

□ 「名前(prénom)」の欧州各国語での違い

変化の激しい名前(仏・英・独・伊・西 の順)

「ジャン」系 Jean John Johann Giovanni Juan
「ピエール」系 Pierre Peter Peter Pietro Pedro
「アンリ」系 Henri Henry Heinrich Enrico Enrique
「リュック」系 Luc Lukes Lukas Luciano Lucas
「ギヨーム」系 Guillaume William Wilhelm Guglielmo Guillermo

例えば…「Nicolas(ニコラ)」だと、

Nicolas(ニコラ・仏)Nicholas(ニコラス・英)Nikolaus(ニコラウス・独)
Niccolò(ニッコロ・伊)Nicolás(ニコラス・西)Nicolau(ニコラウ・葡・ポルトガル)
Nikolai(ニコライ・露)Nikolaos(ニコラオス・希・ギリシャ)Miklós(ミクローシュ・洪・ハンガリー)
ほか、ドイツ系でClaus(クラウス)Klaus(クラウス)、北欧系でNikki(ニッキ)、Nico(ニコ)やNino(ニノ)、Nils(ニルス)なんてのも、聖ニコラオス(サンタクロース)派生ですね。

絵画や文学で見聞きする名前が「読み方」で、どの国がルーツなのかがみえたりします。
雑学として知っておくと、ちょっとだけ楽しみが増えるかもしれません。(^_-)

今回のレッスンの内容は、お渡ししているレッスンメモをご確認いただき、レッスンの様子を何となく思い出してみてください。

次回のレッスンを楽しみにしています。
本日はおつかれさまでした。
新着レッスンノート

大きい2つの会話ダイアログを確認し終えた今、改めてフランス語の発音と書き綴りとの関連性と法則、音声の確認をしていきました。 確認していく発音の法則とダイアログの中の聞き覚えのある音とが結びついていくことを目的としています。 今は「クイズ」のような感覚で発音の仕組みを「知る」ことに努...

会話のスピードが速くなってきているので、なかなか聞き取りづらいかと思いますが、その中でも推測できる単語やフレーズでイメージを組み立ててみましょう。 当たってもハズレても、聞いて考えた分だけ確実に知識は増えていきます。 □ 「今~したところだ」(直前のことを話す) Elle vie...

昨年の夏から20回ほどのレッスンで、大きい2つの会話ダイアログを確認していきました。 27つに分かれているダイアログの各パートごとに対応しながら確認した文法や良く使うフレーズにて、基本会話のコツがつかめているなと見受けられます。 ここで、今後数回にかけてこの2つの会話ダイアログを「暗唱...

音声ダイアログを聴き重ねてきた成果が表れています。 会話の意味を推測する力が付いてきたと同時に、フランス語の「音」の特徴を感じながらフレーズを聴くことが出来ていますね。 □ ~すべき~がある avoir+名詞(不定代名詞)+à+不定詞 J'ai quelque chose ...

前日の雨の余韻が残り、本日も残念ながらにわかに「雨模様」でしたので、公園での屋外レッスンは「次回のおたのしみ」となりました。 本日は「福笑いシール」を使って、顔のパーツ、目や鼻、口や耳などの呼び方をメインに遊んでみました。 ショウチャン、気分が乗ってないときもあるかと思います。でも...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta