サイタ語学の習い事フランス語教室大阪 フランス語教室マリアンヌ スクールブログ 「今日できるこ...

「今日できることを明日にのばすな」フランス語でどう言う?

Il ne faut pas remettre au lendemain ce qu'on peut faire le jour même.
このようになります。

il faut +動詞 は「~しなければならない」という義務を表す表現です。

il ne faut pas +動詞 は、「~してはいけない」という禁止の意味になります(~しなくてもよいという意味にはならないので
注意が必要)。

demain は、今日を基準にして「明日」という場合に使いますが、ある日を基準にして次の日というときには le lendemain になります。

~にのばす→remettre à ~
この文の場合、à は、le lendemain の le と結合して au となります。

~すること(もの)は「ce que+ 文」という形になります。

たとえば、
私が言うこと→ce que je dis
私が食べたもの→ce que j'ai mangé
君がしたいこと→ce que tu veux faire

 

(2019年11月29日(金) 9:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

仏語学習5年でフランス文学の修士号を取得。英語の指導経験も豊富なコーチ

新着記事

外国語で数字を言うのは難しいですね。初級の段階でも意識的に覚えることが大切です。 まずは二けたの数字をしっかりマスターすることが大事です。そのために初級の段階では、毎日、日付を書く、あるいは言う練習をするといいですよ。 「今日は何月何日です」の言い方は Nous sommes le ...

フランスのboulangerie(パン屋さん)や pâtisserie(お菓子屋さん)ではショーウィンドーに入った商品から、どれがほしいか伝える必要があることがよくあります。 そんなときに指をさして「それ」と「それ」と。。。と次々お願いするときはどう言えばいいでしょうか。 まず、「それ...

仏検 二次試験対策(2) フランス語を流暢に話すことはなかなか難しいものです。口頭試験のときは、普段よりうまく話そうとするより、知っている表現を最大限に使って話すことに気をつけましょう。 平易過ぎる表現で流暢に話すより、ゆっくりでも、各級で求めらるような語彙や表現を使って話せるほう...

Il ne faut pas remettre au lendemain ce qu'on peut faire le jour même. このようになります。 il faut +動詞 は「~しなければならない」という義務を表す表現です。 il ne faut pas +動詞 ...

面接試験は緊張しますよね。でも筆記試験と同じで、対策は十分できます。二級で話題になることはだいたい決まっています。 大事なことは質問をよく理解すること。 わからなければ次のような表現で落ち着いて聞き返しましょう。 Excusez-moi, je n'ai pas très bie...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ