サイタ語学の習い事フランス語教室東京 CouCou フランス語講座 スクールブログ フランスオペラ

フランスオペラ

最近、フランスオペラなど、フランス語で歌を歌われる方に歌詞や発音のコーチをする機会があります。
僕は音楽をやっていて、譜面上でのリズムやテンポに合わせてのレッスンができるので、よりわかりやすくできているかなと思います。

今まであまり意識はしてきませんでしたが、ポップスでのフランス語の歌い方と、オペラでの歌い方は全然違うので、ただ単に正しい発音でレッスンをすればいいというわけでもなく、いかに響かせるかが重要になるオペラでは別のアプローチをしていくことが必要です。
僕自身、レッスンを通して学ぶことがたくさんあり、逆にそれを自分の音楽に活かしたりということができ、とても有意義な試みだなと感じています。

声楽でのフランス語のレッスンをご希望の方にも、丁寧にやらせていただきますので、お申込みお待ちしています^^

 

(2019年2月20日(水) 12:57)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ベルギー出身の母を持ち、発音もネイティヴ!フランス語脳の鍛え方を学ぶ

新着記事

最近、フランスオペラなど、フランス語で歌を歌われる方に歌詞や発音のコーチをする機会があります。 僕は音楽をやっていて、譜面上でのリズムやテンポに合わせてのレッスンができるので、よりわかりやすくできているかなと思います。 今まであまり意識はしてきませんでしたが、ポップスでのフランス語の歌...

フランス語と言っても、世界中で話されている言語なので、当然違いが出てきます。 ベルギーも隣でありながら、少し違う部分があります。 例えば、数字の数え方。 フランスでは、70 = soixante-dix (60+10) 90 = quatre-vingt-dix (4×...

そもそも、男性形・女性形ってなんでしょう? よく勘違いされている方に多いのは、男性が話す言葉が男性形、女性が話す言葉が女性形というものです。 それは違います! 形容詞や職業などの名詞は主語に左右されますが、そもそも男性形か女性形かというのはその名詞の持つ性質です。 ...

ギリシャ語、ラテン語が由来の言語は基本的に男性形・女性形というものがあります。 イタリア語然り、スペイン語然り、ドイツ語然りです。 しかし、なぜフランス語の男性形女性形は特に難しいと言われるのでしょう? それはおそらく、フランス語のわかりにくさです。 イタリア語やスペイン語...

こんにちは!フランス語コーチの土屋飛鳥です! 初のブログです!よろしくお願いします。 ここでは、フランス語の学び方について私なりの意見を書いたり、具体的なポイントなどを書いていこうと思います。 語学は、感覚と音でどんどん覚えていけるタイプの人と、構造を理解してしっかりと積み立...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ