サイタ語学の習い事フランス語教室東京 Alfieriフランス語講座 スクールブログ ガレット・デ・...

ガレット・デ・ロワ

Bonjour,

フランスでは一月は特別なんです。お正月の後に公現祭(1月6日)が行われます。
神話ではその日に東方の三博士がキリストに会いに行きました。

公現祭の時には、ガレット・デ・ロワをいくつかに切り分け、家族みんなでシェアします。

ガレット・デ・ロワはフランジパーヌっていう潰したアーモンドのクリームが入ってるパイ菓子です。
その中にはフェーヴ(小さなフィギュア)が入ってます。

切り分けたガレットを家族にランダムに与えるために、家族の一番若い子がテーブルの下に隠れて、ガレットをもらう人を示します。

フェーヴが入ってるスライスをもらえると、あなたは今日の王様か王女様です。

1月末くらいまでずっとガレット・デ・ロワを食べます。
家族や友達や同僚などいろんな人とガレット・デ・ロワを食べるイベントをするので、何回やっても飽きません♪

みなさんはガレット・デ・ロワを食べたことはありますか?

 

(2019年1月7日(月) 21:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パリ出身。英語、スペイン語も堪能な国際派。会話を磨きたい方におすすめ

新着記事

Bonjour à tous, 最近天気が良くなってもうすぐ夏の感じですね〜 夏休みなら皆は海を想像していますね? フランスでも夏休みは海のことですがそれだけでなく観光するも楽しんでいます。 日本でも、フランスでも、海と観光の場所がたくさんありますが両方を混ぜるはフランスのモン・サ...

私はパリ生まれ、パリで育った本物のパリジャンです。 パリの観光ガイドにはあんり書いていませんが、13区には横浜のようなチャイナタウンが有ります。 看板や飾りは全部中国のものなので、街を歩くとに別の国にいるようです。 13区の建築はパリの中心地とは違います。 パリの中心にはオス...

Bonjour, フランスでは一月は特別なんです。お正月の後に公現祭(1月6日)が行われます。 神話ではその日に東方の三博士がキリストに会いに行きました。 公現祭の時には、ガレット・デ・ロワをいくつかに切り分け、家族みんなでシェアします。 ガレット・デ・ロワはフランジパーヌ...

日本語でこれは~ですの表現は毎日使ってるものなのでフランス語では同じような文書が作れますか? もちろん。 そして文書の作る方は同じです。ひとつの違いは”です”は使いません。 下の例を見てフランス語が少しずつ分かりやすくになります。 これはペンです。 C'est un styl...

皆さんこんにちは 私はファビアンと申します。パリ出身のフランス人です。 大学を卒業した後で私はフランス語の教授法を勉強してました。そして経験を積むためにパリで家庭教師しました。 私は日本に大きな関心を持っているからどうしても日本にフランス語を教えたいと思っていました。 だか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ