全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室兵庫 あきよのフランス語教室 スクールブログ 昼食か夕食か、...

昼食か夕食か、それが問題だ・・・

Bonjour à tous !
みなさん、こんにちは!

この度、一ヶ月間のカナダでのフランス語研修を終え、無事に帰ってまいりました。
レッスンを受講して下さっている皆様には、長いお休みにも関わらずご理解下さりありがとうございました。おかげさまで楽しく貴重な経験をさせていただきました。

ところで、カナダのフランス語はフランスのフランス語とは様々な点でかなり異なり、戸惑いつつも楽しい発見が多くありました。

まずは何と言っても発音。
フランスのスタンダードな(つまりパリ周辺で使われる)発音とはかなり異なっていましたし、フランスではもう区別されなくなった音も区別したりと、なかなか聴き取りの面では苦労しました。

次に、表現の違い。
一例として、食事(朝・昼・夕)の名称があります。

フランスでは朝食は le petit déjeuner(ル プティ デジュネ)、昼食は le déjeuner(ル デジュネ)、夕食は le dîner(ル ディネ)と言います。
ところがカナダでは、le petit déjeuner という表現がなく、朝食が le déjeuner、昼食が le dîner、夕食は le souper(ル スペ)と言います。

ですので、" On va dîner ensemble ! ”(一緒に・・・食を食べようね!)と言われた時、フランスでは夕食、カナダでは昼食の約束になってしまいます。
間違えるとえらいことになりますね。
しかし、聞くところによると、ベルギーやスイスでもカナダ式に表現するそうです。

また、Merci. と言ったとき、フランスでは Je vous en prie. という返答が一般的だと思うのですが、カナダでは Bienvenue. と返ってくることが多かったです。

あと、面白いなと思った表現が「恋人」。フランスでは男女それぞれ、petit ami/petite amie や copain/copine などと言いますが、カナダ特有の表現として、「彼氏」は chum(チャム)、「彼女」は blonde と言います(彼女が金髪でなくても ma blonde なのです)。

あえてパリではなくカナダに行ったことで、多様なフランス語の一面に触れることができました ^_^

お読み下さり、ありがとうございました。
A bientôt !

 

(2015年2月17日(火) 20:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

通訳ガイドの資格も保持!多くの初心者を教えた先生が、躓きポイントを解説

あきよのフランス語教室
水間あきよ (フランス語)

梅田/大阪・芦屋・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・十三・塚口・武庫之荘・西宮北口・夙川...

ブログ記事 ページ先頭へ