全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室兵庫 あきよのフランス語教室 スクールブログ どこでフランス...

どこでフランス語を勉強したの?(3)

Bonjour !
みなさん、こんにちは!

さて、NHKラジオ講座で学習を始めたものの、英語に比べると入門段階が複雑なフランス語。英語と同じ調子でやっていたら(しかもずっと歳をとってから・・・)、なかなか初級段階から抜け出せませんでした。2年も経った頃だったでしょうか、「これではいかん!本気で取り組まないといつまでたっても初級の壁は乗り越えられない」と思ったのです。

そこで考えたのが、半年間の講座のスキットを丸暗記する、という暴挙(?)でした。もちろん、わけも分からずにやっても意味はありません。そこで、まずはテキストを丁寧に読み、きちんと文法事項を理解した上で、コツコツと暗記に励みました。CDを聴き、音読し、文章を書き写し・・・何十回、いや何百回繰り返したか分かりません。「とにかくこの半年分だけは覚える」。そう決めたので、ジムで運動しながらもずっとCDを聴き、お風呂につかりながらも音読練習をしていました。長い時間はかかりましたが、そうして本当に半年分のスキットを完全に覚えたのです。

もちろん、講座テキスト以外の参考書や文法書も活用しました。そして、初めは絶対に覚えられないと思った動詞の活用も、基本的なものは何とか頭に入るようになりましたし、いちいち文法を考えていては話せないような文も、すんなり口から出てくるようになっていました(例えば、Je ne te l’ai pas dit ? なんて、語順を考えていてはわけ分かりません!)「この方法は使える」。そう確信した私は、またまた、次の「半年分」の丸暗記にかかりました(そして、これも覚えました)。

今にして思えば、かなり乱暴な方法だったのかもしれませんが、それでもこうしてようやく、何とか初級の壁を乗り越えたと感じられるようになりました。

次のブログに続きます・・・

読んで下さってありがとうございました。またいらして下さいね!A bientôt !

 

(2014年11月24日(月) 20:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

通訳ガイドの資格も保持!多くの初心者を教えた先生が、躓きポイントを解説

あきよのフランス語教室
水間あきよ (フランス語)

梅田/大阪・芦屋・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・十三・塚口・武庫之荘・西宮北口・夙川...

ブログ記事 ページ先頭へ