サイタ語学の習い事フランス語教室兵庫 あきよのフランス語教室 スクールブログ フランス語圏で...

フランス語圏でフランス語を使うには

Bonjour !
みなさん、こんにちは!

今回のタイトル、「何じゃこりゃ」と思われた方も多いことでしょう。フランス語圏でフランス語を使う?当たり前やんか!(←すみません、感情が入るとつい関西弁になります ^^;)と。ところが、意外とそうでもなかったりするようです。

フランス語を学んでいる人たちが、フランスに旅行に行ったのに、行く先々で相手に英語で話されてしまい、せっかく学んでいるフランス語を話す機会がなかった・・・というのはよく聞く話です。

いっぽう私は、以前フランスを旅行した際、バッチリ、フランス語だけで通すことができました。その秘密は・・・至って単純。英語がわからないフリをしたのです(笑。私は英語講師でもありますから、もちろん英語はわかります)。ホテルでもレストランでも、道に迷って人に尋ねる時も、相手が英語を話し出そうものなら、狐につままれたような顔をして、“Pardon ?” “Comment ?” などと白々しく聞き返したのです。これで100%フランス語で通すことができました。

実はこれは、かつての私のフランス語の先生(フランス人)の入れ知恵です。フランスに旅行に行った生徒さん達が、一様に「英語で話されてフランス語が使えなかった」と言っていたので、私にこんな知恵を授けて下さったというわけです。頭の良い先生に感謝!フランス語と英語に堪能な友人も、フランスで全然フランス語が使えなかった・・・と言ったので、この私の体験談を話したところ、「その手があったか!」と膝を打ってくれました^^

フランスでは、一般の人はあまり英語が得意でなかったりしますが、旅行ではそんなに話しかける機会もありませんよね。また、地方では確かにあまり英語が通じませんが、パリのような街でも、こんな単純な方法でフランス語で通せちゃいます。自分の白々しさに結構笑えますけどね〜^^

「でも、そもそも英語できないし」というあなた!あなたは、ぜひフランス語を堪能して下さい。

読んで下さってありがとうございました。またいらして下さいね!

 

(2014年10月11日(土) 20:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

通訳ガイドの資格も保持!多くの初心者を教えた先生が、躓きポイントを解説

あきよのフランス語教室
水間あきよ (フランス語)

梅田/大阪・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・夙川・芦屋川・岡本・六甲・王子公園・御影

ブログ記事 ページ先頭へ