サイタ語学の習い事フランス語教室埼玉 フランス語講座リベルテ スクールブログ 語学学習とダイ...

語学学習とダイエットの共通点

こんにちは

今年の秋は台風もなく過ごしやすいみたいです。
毎日、外にでると金木犀の香りがして癒されています。

さて、先日たまたまTVを見ていたら、あるダイエット器具の宣伝をやっていました。
「いままで何をやっても続かなかったあなた!」
「良かれとおもってやっていた○○、実は逆効果!」
「そんな報われない日々を終わりにしませんか?」
「さあ、今日からこの新しい□□をつかって、理想のボディをてにいれましょう!」

・・・というようなことを、勢いよくしゃべっているわけです。
大した自信だなーと感心してみておりましたが…

?まてよ?これ、語学教材でも同じこと言っているのでは?と思い当りました。

「英会話スクールとか通信の教材とか、色々やったけれど続かなかったあなた!」
「良かれと思っていた英語のシャワー(聞き流し)は実はNGなんです?!」
「もっと流暢に話せるようになりたいでしょ?」
「この教材を使えば、3カ月で流暢な語学を話せるようになるのです!」

そのまんま置き換えてみましたが、こういうの、聞いたことありませんか?
(私は結構あります)

語学学習とダイエット、両者はとても似ているんですよね。

何が似ているかって、、、、

①なんだかんだ言っても、楽して結果は得られない(地道な努力が必要)

②己を知らないと効果的な戦略がわからず、結果に結びつきづらい(ゆえに続かない)

というところです。

①楽して結果は得られない、

→ 「楽しみながら」はあると思いますが、楽しむという行為を持続する努力は不可欠です。
ではどうすれば持続するモチベーションを失わないようにできるか?
それが次のことに関わってきます。

②己を知らないと効果的な戦略がわからず、結果に結びつきづらい(ゆえに続かない)

→ これは、詳細はあらためて別のブログで書きたいと思いますが、
ダイエットも、自分の体格、体質、食事、睡眠や運動量といったライフスタイル、そしてダイエットの目的を分析し、それに即した現実的な戦略をたてないと、体が悲鳴をあげたり、リバウンドしてしまい、効果がでません。


語学もこれと一緒。

人間は、言語にも体質のような個性を持っています。
言語コミュニケーションとして「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つの柱がありますが、

例えば、母国語の日本語で、読む、聞くのは好きだが「書く」「話す」は苦手。
そんな人が会話中心で一生懸命やっても外国語で流暢にはなせるようになるか?というと、正直なところ非常に努力が必要とされるでしょう。
もちろん皆無とはいいませんが、日本語でも苦手なものを外国語で頑張っても継続がつらくなる可能性が高いです。

そういう方は、外国語の本を読んだり、何度もCDやTVなど聞きながら、次週でも効果的な学習を絡めて基礎語学力を固めていくほうが、気持ち的に楽に続きます。

「読む」「聞く」は受動的なコミュニケーションですので、読むもの、聞くもの、があれば自己学習しやすいのです。
反対に、「書く」「話す」は他者を必要とします。(書く、は添削が必要になるため)できるだけレッスンで盛り込んだほうがよいでしょう。

言語コミュニケーション4つの柱は連動していますから、伸びたものが伸びきっていないものを引っ張り上げてくれます。
そのことによって、全体的な語学力を上げることができます。

つまりは、母国語における自分の言語体質を理解していないと、継続に息切れがしてしまう危険性が高いのです。

地道な努力と継続は不可欠、ただし決して根性論ではありません。

自分を分析し、自分に合った「無理のない学習方法を見つける!」これが大事だと私は思っていますし、勉強それ自体よりも、自分に合った学習法を見つけるほうが大変ではないかと思っています。

私のレッスンでは、受講者さんお1人お1人の目的や傾向性を意識したうえで、どんな勉強の仕方がよいか、どんな復習や自己学習がよいか、なども話したりします。

皆さま社会人ですから、大半の時間を、仕事や生活のための色々なことをして過ごしています。
そんななかでも続けられる、学習効果を感じてもらえる、それをとても大切にしたいと思っています。

・・・と偉そうなことを言いながら、語学学習は続いたのにダイエットはなかなかつづかないので、困ったものですね(苦笑)

以上、リベルテの中村でした。

 

(2014年10月1日(水) 15:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学時に美術史を研究。フランスのライフスタイルも感じられるレッスン

新着記事

こんにちは とっても久しぶりのブログです。 前回書いたときはまだ冬が来る手前だった気が・・(汗) さて、1月ごろ、こんな本を読みました。 「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」 本田直之(著) 前半は海外で活躍する日本人料理人15人のインタビュー、後半...

こんにちは 今年の秋は台風もなく過ごしやすいみたいです。 毎日、外にでると金木犀の香りがして癒されています。 さて、先日たまたまTVを見ていたら、あるダイエット器具の宣伝をやっていました。 「いままで何をやっても続かなかったあなた!」 「良かれとおもってやっていた○○、実は逆...

こんにちは! リベルテの中村です。 すっかり秋らしくなってきましたね。 今年は残暑が厳しくなくて、少しほっとしている今日この頃です。 さて、本日はフランス語の発音について。 フランス語には「鼻母音」という鼻に息を抜く感じで発音する母音が幾つかあります。 日本語の発音...

こんにちは フランス語講座リベルテの中村です。 突然ですが、巷で大人気の「アナと雪の女王」を見てまいりました。 挿入歌の「ありのままで(英語原作の題名はLet it go」がとても美しく印象的でした。 主人公が自分の魔法の力をひた隠し、自分を押さえつけながら周りに対して...

こんにちは! リベルテの中村です。 今日は天気がいいですね! 暑くも寒くもなく湿気もない、5月のこの時期が一番過ごしやすい気がします。 さて、突然ですが、先日「ワインのソムリエになれば?」と、とあるご年配のご婦人に言われました。 「ワインのソムリエ」・・って、いわゆる...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ