全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 フランス探究講座 スクールブログ 千人の娘さんた...

千人の娘さんたち?! ‐ 変なフランス語

皆さんはスイーツは好きですか?
私は子供のころにフランスで食べた洋菓子がおいしかったせいで、
すっかり洋菓子好きになってしまいました(日本にいるときは、ほとんど
食べたことがなかったので・・・)。
今思うと、だいぶ甘くできていたような気がします。
現在であれば、甘さを抑えたかわいい日本の洋菓子のほうが気に入ると
思うのですが、子供にとっては、大きくて甘いあちらの洋菓子は本当に
おいしかったのを覚えています。

さて、私をはじめフランス人たちが日本に来て驚くケーキの名前があります。
それは日本名、ミルフィーユ。皆さんならおわかりだと思うのですが、
フランスでは、mille feuilles と書いて、ミルフイユと発音しております。
薄く重ねたパイでできたこのケーキは、千枚の葉っぱを重ねたように見えるので、
「千枚の葉=mille feuilles」という名前がついております。
ところが、これをミルフィーユになってしまうと、すなわちmille fillesになり、
「千人の娘」になってしまいます。
このケーキの名前をカフェで聞くたびに、「私、千人の娘さん食べたい!!」と
言ってるように聞え、ちょっと背中に寒いものを感じてしまします・・・汗。

そのほかに、Comme ca du mode. 正式なフランス語で書いたら
Comme ca la mode. しかも Comme ca du modeと書いて、
「コムサデモード」と読ませる・・・なんとダブルで間違えてる!!
・・・でもまあ・・・海外でも相変わらず「サムライ・ゲイシャ」なんて
言ってるんだから、お互い様ですかね (^v^)。

 

(2013年12月9日(月) 0:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系の広告代理店に勤務。ゼロ~ビジネス目的も方にもおすすめ

フランス探究講座
高畠明 (フランス語)

東京・新橋・品川・秋葉原・有楽町・浜松町・銀座・大手町・門前仲町・大門・三田

ブログ記事 ページ先頭へ