全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室大阪 気取らないフランス語講座 スクールブログ 大統領の料理人

大統領の料理人

梅田ガーデンシネマで上映中の「大統領の料理人」を見ました。フランソワ・ミッテラン大統領のプライベート・シェフを務めた女性料理人のお話です。モデルとなったダニエル・デルプシュは料理学校を主催し外国人にもフランスの伝統料理を教授してきたという人なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

映画のストーリーは書きません。興味のある方は、劇場でご覧になってください。決して派手さはありません(エリゼ宮のシーンは華やかですけどね)が、じんわりと心に響く良作だと思います。

タイトルからも分かるように、この映画には料理シーンが多くあり、おいしそうな料理がたくさん登場します。といっても、その大半は、フランス料理と聞いてベタに思い浮かべる皿の真ん中にちょこんと料理を乗せて豪華な飾り付けを施したような格式ばったものではありません。余計な装飾を排したシンプルかつ豪快な郷土料理です。ミッテラン大統領が望んだ家庭の味です。フォアグラやトリュフなどの高級素材は、一般家庭の食卓にはそうそう上りませんけどね。

私がパリで経験した一般人の普段の食生活は、いたって質素なものでした。寒い冬、料理をご馳走してくれるというので友人の家に行ったら、かなり待たされた挙句、サラダが出てきたこともあります。でも素材を厳選した野菜の水を丁寧に切り、お手製のマスタード入りビネグレットソースをからめたサラダは絶品でしたね。

映画を見ながら、そんなことを思い出しました。食欲と同時に料理の創作意欲も刺激された1本でした。

 

(2013年11月14日(木) 10:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パリ、ブリュッセルに約3年間!字幕翻訳で活躍中の先生に学ぶ仏語の美しさ

気取らないフランス語講座
大塚美左恵 (フランス語)

豊中・蛍池・石橋・池田・川西能勢口・桜井

ブログ記事 ページ先頭へ