全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 目黒フランス語教室 スクールブログ 「語学筋肉」を...

「語学筋肉」を鍛えよう

私は語学学習オタクなので、10か国語以上話せるスーパーマルチリンガルの方の語学学習法本は目についたら必ず読むようにしています。

その中で一番普通の学習法だったのは、ピーター・フランクルさん。『ピーター流外国語習得術』には、辞書をひきながら本を読んだり、地道な努力のことが書かれていて、改めて素晴らしい方だと思いました。

逆に一番奇抜な学習法だったのは、考古学者のシュリーマンで、『古代への情熱』に書いているのですが、大声で朗読して覚えるというものでした。現代社会にはあまりそぐわないかもしれないですが、この方の語学習得を含む人生への情熱は心から見習いたいと思います。

他にもいろいろな語学学習本があって、いろいろな方法が紹介されています。人それぞれタイプに合うものを取り入れていけばいいと思うのですが、ひとつだけ共通していることがあります。

それは、「インプットを絶やさない」ということ。

外国語は、インプットを絶やすとすぐに忘れてしまい、またゼロからのスタートになります。

これは、大人になってからフランス語学習を始めた私が、育児ブランク期間に実感したことでもあります。翻訳の仕事をしている頃には仕事でレベル維持・向上が自然にできていたのに、このままではゼロになってしまうと焦りながら、寝落ちしそうになりながら、iphoneでフランス語の記事を読んだりラジオを聴いたりしていました。

私は語学の学習は「語学筋肉」を鍛える、ということだと思っています。
忙しい毎日で、しっかりトレーニングできない日でも、例えばTwitterをしている方ならTLにフランス語のbotを加えるのでも、3分復習プリントを眺めるのでも、NHKラジオをストリーミングするのでも、ハードルを下げて「絶やさない」方法を提案していきたいと思います。

 

(2013年9月5日(木) 12:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マルセイユ、リヨンに留学。フランス系コンサル企業で通訳も

目黒フランス語教室
石井マリ (フランス語)

品川・五反田・目黒・恵比寿・有楽町・飯田橋・中目黒

ブログ記事 ページ先頭へ