サイタ語学の習い事フランス語教室東京 フランス語教室cou cou スクールブログ ウォロフ語

ウォロフ語

久しぶりになってしまいましたが・・・


今ウォロフ語を勉強中です。


ウォロフ語とは、セネガルの国語の一つで、
これはフランス語話者のためにかかれた教科書、カセットテープ付。

カセットなんて久しぶりに見ました。シャーって音と一緒に聞こえるのも懐かしい・・・


フランス語の教科書なら、初めて出てくる食べ物は大抵 café (珈琲)と pain (パン)です。
英語だとeggとかかな?

ウォロフ語は・・・xar mi(羊)と sëdd(オニカマス、魚の一種)でした。
オニカマス!食文化の差を感じます。


外国語の教科書を見て、どんな味なんだろう?おいしいのかな?とか、そんなことばかり想像しちゃう食いしん坊です。


お料理がお好きな方は外国語のレシピを使ってお勉強するのも楽しいと思いますよ!


ウォロフ語

(2013年5月17日(金) 23:27)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは 今日は生徒さん向けに作ったフランスの地図パズルをご紹介します。 日本に都道府県があるのと同じで、フランスにも県départementがあります。 それよりもっと大きな区分として地方régionというものがあります。 日本で言うと、東北地方とか関東地方とかに当...

ご無沙汰しております。 かわいい本が手に入ったのでちょっとご紹介 Les confitures sont un jeu d'enfants 『ジャム作りは子供のあそび』 という絵本です たしかにジャム作りって難しい作業はないのに気長にただ混ぜつづけるだけだから、子供とお料理...

今回の旅でおいしさを発見したもの、それはマスタード、フランス語でいうならムタルドmoutardeです! セネガルはフランスの食文化の影響で、何にでもムタルドがついてくる。(なんとフランス人の一人当たりムタルド消費量は日本人の15倍だとか!) エビcrevettesにも! チキンp...

しばらく電気も水道もない北部の田舎にある友人宅へいっておりました。 日本で停電や断水というと大変ですが、ここは気候もよく水も井戸から出るのでそこまで困ることはありませんが、やはり日本人の性でお風呂にお湯をためて入るのが恋しくなります。 日本がいかに水に恵まれた国か実感しました。 ...

セネガル生活ももうすぐ二週間 よくどこどこの着倒れ、どこどこの食い倒れといいますけど、セネガルは結い倒れの国です。 ダカール市内にcoiffure(床屋・美容院)の看板の多いこと多いこと! 東京も美容院が多いですが、それよりも多いんじゃないかと思うほどいたるところにあります。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ