サイタ語学の習い事フランス語教室東京 ラムル・フランス語講座 スクールブログ フランス旅行

フランス旅行

言語を習うということは、その国と心の関係を作るということだと思います。

私の経験からすると、旅行で、いろいろな名所を観光したり、美術館、博物館などその国の文化を見て触れること、その土地の料理を食したりすることは、もちろんすばらしいことです。しかし、何かが物足りない感じがします。”もしも地元の人々と話せたら” きっと、何かもっと深いつながりが出来るに違いない、と思います。

又、レッスンでは毎回少しづつフランスの名所、食べ物、習慣などを紹介します。フランスの大学にいたころやベルギーに住んでいたころ、また日本に来てからも、多くの外国人にフランスの文化を紹介しました。いろいろなことを教えたいと思います。好奇心を持って、是非たくさんの質問をしてください。もちろん、その間、あなたの興味の中心になります。

 

(2013年3月24日(日) 9:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パリ出身、グラフィックデザイナーとして活躍!生粋の日本好きの先生

新着記事

私がアートに興味を持ち始めたのは、子供の頃からでした。絵を描き始めたのもその頃からでした。両親に連れらて美術館に行った時は、現代アートを見ても、私の想像とは違う美しさなので、びっくりし,またショックを受けました。その頃は、本当のアートの心を知らなかったのです。 少年時代は絵ばかり描いてい...

心のこもった、温かみのある会話を伝えます。 教科書には載っていない、生きたフランス語も教えます。生まれたときから、ずっとフランス語を聞いてきた私の生きたフランス語をしっかり伝え、自然に話せるように細かく教えます。 どんな小さなことも質問して下さい。詳しく丁寧に分かるまで時間をかけて教えます...

モン・サン・ミシェルはフランス語で「聖ミカエルの山」という意味です。町を見下ろしている修道院の名前から名付けました。山の頂上にある聖ミカエルの像を遠いところからでも見ることができます。 湾に広がる地平線と対照する山、そのモン・サン・ミシェルは想像を絶するような迫力に驚かされるに違いません...

言語を習うということは、その国と心の関係を作るということだと思います。 私の経験からすると、旅行で、いろいろな名所を観光したり、美術館、博物館などその国の文化を見て触れること、その土地の料理を食したりすることは、もちろんすばらしいことです。しかし、何かが物足りない感じがします。”もしも地...

フランス語文で会話を組み立てる柱となるのは動詞なのです。私たちは時間の中で生きています。言葉もそうであり、フランス語も動詞を中心として文章が組み立てられています。私もそのような方法で、日本語も英語も学び習得しました。あなたもこのような結果を手にすることが可能だということです。動詞を中心に習って...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ