サイタ語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! スクールブログ rhapsod...

rhapsodie, rhapsode,ラプソディー、吟遊詩人

 ギリシャ神話最大の叙事詩ともいえる『イリアス』『オデュッセイア』、その作者であるとされるホメロスは盲目の詩人。彼のような古代ギリシャの詩人はラプソドスと呼ばれます。それはラプドスという杖のようなものを持ちながら詩を朗誦したからです。
 それ以前はアオイドスと呼ばれ、その時は小さな竪琴のようなものを持って歌っていたようです。「謡い」から「語り」へと移行したわけです。丁度日本の講釈師や落語家が扇子やバチを持って語るのに似ています。
 彼らの語った詩がラプソディーと呼ばれていましたが、いつの間にか『狂詩曲」という音楽のジャンルの一つになってゆきました。
 中世フランスには三種類の吟遊詩人たちがいました。
 南フランスのトルバドール、北フランスのトルヴェール、そして一種の職業としてのミンストレル、彼らの歌う曲、ダンス、詩はヨーロッパ中に広がり大きな影響を与えました。そんな時代の吟遊詩人たちの歌を聞いてみたいものです。
 トルバドールたちの歌は恋愛が多く、トルヴェールたちの歌には男らしい叙事詩が多かったようです。南と北の気質の違いでしょうか?面白いです。
 蛇足ですが、ホメロスというのはもともと名前ではなく、「盲目の」という形容詞でした。ホメロスはある時から盲目となったので、このように呼ばれていたそうです。

 

(2013年2月27日(水) 8:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

新着記事

 昨日は積もりませんでしたが雪が降りました。いつも雪が降ると思い出す詩があります。  Guillaume Apollinaireの「白l雪(La Blanche Neige)」です。空の上ではきっとこんなことになっているのかな?そう思うと何故か楽しくなります。  天使たち 天使たち...

フランス語の歌を歌いたい!そう思っている人は多いように思います。先日も知り合いのアメリカ人とカラオケに行った時のこと。昔フランス語を習ったという、もう一人のアメリカ人が、バラ色の人生をフランス語で歌いたい、でも一人では自信がないからと、一緒に歌いました。歌い終わって本当に嬉しそうな顔で、何度も...

ちょうど去年の今頃、全くの初心者としてフランス語を習いに来たMちゃん。仕事のない土曜日の朝、雨の日も風の日も、寒い日も暑い日も、坂の上の我が家まで欠かさず通いました。時には仕事の終わった夜8時からレッスンということもありました。五月には仏検4級合格、そして先週が最後のレッスン、明日ワーホリでリ...

昨年から私のレッスンに通い始めた、全く初心者のふたり。今年仏検の4級を受け見事に合格しました。そういう報告は教えている者にとっての何よりの喜び!毎週コツコツ通った成果でしょう。更に3級、2級、と挑戦してもらいたいです。Bon courage!

 薔薇の品種には様々の名前がついています。  クウィーン・エリザベス、プリンセス・ダイアナ、カトリーヌ・ドヌーブ、といった高貴な女性、または美しい女優の名、あるいは土地の名前、などなど。  その中にフランスの男の詩人の名のついた有名な薔薇があります。  ピエール・ドゥ・ロンサール。1...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ