全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 フランス語アトリエ・ル・シャ スクールブログ St Vale...

St Valentin

今日レッスンの後で、「(もうすぐ) ヴァレンタインデーですよね♡」と言ったら、
「…あぁ、今週ですね〜」と、意外に落ち着いた反応が!

お菓子屋さんではチョコレートの販売のピークももう終えたそうですが、みなさまはどんなプランがおありでしょうか?今は「友チョコ」と言うのもあるのだそうだから、たくさんの方がおいしいチョコレートを召し上がるのかな…♪

ことヴァレンタインデーに関しては、わたしはフランスびいきになってしまうのですよ。なぜかというと・・・
                       ♥

フランスでは、今もそのようですが、St-Valentinの日は『恋人たちの日』。
『恋人たち』の中にはもちろんできたてのほやほやもいるでしょう、けれども大多数は落ち着いたカップルのこと。恋人たちは結婚しても恋人たち。お父さんとお母さんになっても恋人たち、おじいさんとおばあさんになっても恋人たち…というのがフランスでは普通の考え方で、人生の物事の中でも優先順位が高く、日頃から大切に考えられているようです。

そんな2人のための特別なこの日には、男性が女性をレストランでのお食事にお招きして、花束をプレゼントします。これは一般的なバージョンらしいですが、コンサートとか小旅行、なども多いのだとか・・・

こう見ると、”お食事とお花と”など、いたれり・つくせり なところがやはり特別な感じがして女性としては いいな! と思いませんか? わたしはとてもいいなって思ってしまいました!

そして花束の贈り物というのはやっぱり女性としてはとても嬉しいのではないでしょうか!

こうして2人で少し日常を離れ、愛を深めたり、2人だけの世界を再発見したりするのは、とても素敵だなぁと思います・・・♪


どうぞ素敵なヴァレンタインデーをー♥

St Valentin

(2013年2月11日(月) 8:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

仏滞在13年、アパレルバイヤーとして現地で活躍。料理、お花話題が尽きない

ブログ記事 ページ先頭へ