全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室神奈川 フランス語を学ぼう! スクールブログ O holy ...

O holy night

 クリスマスの季節によく町に流れる歌です。「清らに星は輝き 救い主生まれぬ・・・」という日本語の歌詞で歌われることもあります。でも実はこの歌は元々はフランス語です。
Minuit chrétiens,c'est l'heure sollenelle・・・真夜中、キリスト教徒たちよ、これは神聖な時。神の一人子が地上へともたらされた時・・・」と歌われます。ホセ・カレーラスなど三大テナーたちもクリスマスのレパートリーとして歌っています。
 その他に「牧人 羊を守れるその宵・・・」と日本語で歌われる英語の『the first Noel』、これももともとはフランスで歌われていた古い歌です。そんなことを思うと、以外にフランスは身近に感じられますね。
 明日はクリスマスイヴ、Noêlというフランス語は「生まれる」という意味です。ラテン語圏の国々ではクリスマスをそのように、「誕生」という意味の言葉で表します。でも英語のChristmasは「キリストのお祭り」という意味です。
 どんなクリスマスを過ごすのか、人それぞれ、でもどうかその日が素晴らしい一日でありますように、そしてそれからの日々に希望があふれていますように、そう祈っています!私はミサでたくさん歌を歌います。そして真夜中の教会のミサでも歌います。本当の福音がたくさんの人に訪れますように!

 

(2012年12月23日(日) 18:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴20年以上。フランスの文学・歌曲にまつわるレッスンもおまかせ

フランス語を学ぼう!
山本紀志子 (フランス語)

有楽町・関内・石川町・山手・御茶ノ水

ブログ記事 ページ先頭へ