全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず スクールブログ 「とんしすかー...

「とんしすかーん」 は未来のトビラ?

こんにちは。

まりこば・どっとこむ・ふらんせーずのいしいたけしデス。



先日、LCC(格安航空会社)の「Peach」を利用して長崎へ行ってきました。


メルマガ登録をしておくと、格安チケットタイムサービスのお知らせが入ってきます。

今回は片道2200円のキャンペーンでした。


かなりオトクでした。



以前より長崎には「訪問したいある場所」がありました。


それは、「軍艦島(端島)」という海底炭鉱の小島で、現在は38年前の炭鉱閉山後「無人島」となっています。


閉山後の軍艦島は(基本的には)手つかずのままで、街は「自然風化」の道をたどっています。

島の周長が1200m足らずの小島に最盛期には5000人余りが居住し、高層の共同住宅や学校や病院などの公共施設、市場や映画館などの娯楽施設、そして炭鉱島なので貯炭場などの鉱山施設が共存し、一緒くたにコンパクトに収められた「街の痕跡」がそこにはありました。


大正時代に建てられた鉄筋コンクリートの高層住宅が、フレーム(骨組)のみとなっても未だ残っています。
想定される間取りも「モダンな造り」となっていました。


狭い敷地に密に建てこまれた高層建築物群の風化した姿を見て、

「人間の力(マンパワー)とお金の力(財閥の財力)の凄まじさ」

を感じ、また、役割を終えた「街の姿」を見て一抹の寂しさと喪失感を感じました。

自分の故郷でもないのに…。


3年前より軍艦島への上陸が解禁となり、数々の「見学ツアークルーズ」が用意されています。

ワタシの利用した「ブラックダイアモンド号」(黒ダイヤ=鉱石)のツアーは、島の歴史などの説明が分かりやすく、愉快なスタッフの案内と共にじっくりと見学することができました。



ご興味のある方は、「軍艦島」でインターネット検索を…、



なーんて、今の時代はフツーに「ネットで検索!」と言ってパソコンやスマホなどで情報を探し得るのが一般化しています。



21世紀に入り急激に普及した「インターネット」。


ワタシがフランスに住んでいたのは1990年代の後半。

パソコン自体の仕組みがまだまだシロウトでも簡単に操作できるような状態ではなく、「一部専門家やマニアの方々に限られた普及」の感がありました。

インターネットも存在していましたが、今ほどの「利用のしやすさ」は無くメールもまだ実用的ではなかったと感じていました。
もちろん「ネットカフェ」なんてモノはまだ無い頃でした。


そんな中、フランスに住みはじめてテレビを見ているとフシギなCMをよく見かけました。


キーワードは「3615」。


CMに限らず街でよく見かけたこの4ケタの数字。


ラジオでは、「とんしすか~ん、○○○。ぱ~みにてる。」



「一体何やねん…?」



友人に聞くと、「それは、ミニテル(minitel)だよ!」って教えてくれました。


ミニテルとは、電話回線を用いて専用端末(無料配布)に情報を提供するテキストベースのサービス。

専用端末はモノクロ画面とキーボードを備え、電話番号の検索や天気予報の確認、列車や航空券の予約、オンラインバンキング、通販での購入、チャットなどの様々なサービスが利用できるというシロモノ!

友人の家で実際にミニテル端末を見せてもらいました。



「それって、今のインターネットやん!」って思いますね。



ネットカフェは無くても、郵便局や公共施設などにはミニテル端末がありましたね。


上記のような「健全な?!」内容のサービスもあれば…、

「元祖、出会い系!」アダルトチャットサービスもありました。


当時、民間テレビ局「M6」の日曜日の夜中は、ちょっとエッチな映画や番組を放送していました。

この時間帯のコマーシャルには、アダルトチャットのCMも流れていました。


エッチなおねえちゃんが画面に出てきて、



「あっはぁ~ん。とんしすか~ん、うっらぁ~。(3615 ULLA)ぱ~みにてる…。ねぇ…、私と遊ばな~い?」



こんなCMを見ると、どの時代もやってることはあまり変わらないんやね~(笑)って思いますね。



ミニテルサービスは、最盛期の1999年にはフランス国民の約半分弱が利用していたとのこと。

これだけ普及したサービスも、インターネットの出現という時代の流れにより、フランスの大手電気通信会社フランステレコムは今月末(6月30日)にミニテルサービスの提供を終了することとなりました。


80年代前半にサービス提供開始をしたこのミニテル。

その当時にインターネットのような発想とシステムを構築したことにたいへん感心しました。

ミニテル30年の歴史に幕を閉じます。



軍艦島の鉄筋コンクリート共同住宅もミニテルも、当時の最先端!!


当時の最先端って、今でも古さを感じさせない洗練されたモノだなぁと思いますね~。



ミニテルのCM
「Minitel 1992 publicité 3615 MGS」

http://www.youtube.com/watch?v=OB38AvnRJIQ&feature=relmfu

ミニテルのエッチなCM
「1990 pub 3615 Ulla 」

http://www.youtube.com/watch?v=0hbCPUa7OW0



さいごまでお読みいただきありがとうございました。(^-^)

take.

 

(2012年6月18日(月) 15:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランスのカフェでギャルソン経験!日韓W杯や世界陸上などのスタッフも

まりこば・どっとこむ・ふらんせーず
いしいたけし (フランス語)

新大阪・梅田/大阪・住吉・三ノ宮・元町・八尾・天王寺・京橋・難波・近鉄日本橋・難波・...

ブログ記事 ページ先頭へ