全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず スクールブログ 「新」キレイな...

「新」キレイなおネエさんはスキですか?

こんばんは。

まりこば・どっとこむ・ふらんせーずのいしいたけしデス。



ゴールデンウィークが始まりました。


この季節になると、やはり「すずらん」を思い浮かべます。

5月1日のメーデー(フランスでは祝日)の日、街中では「すずらん売り」の人たちをあちらこちらで見かけます。

この日は大切な人にすずらんを贈る習慣があるそうです。


日本ではなかなか日常でお目にかかることのない花「すずらん」。

初めて頂いた時は、珍しさもあって部屋に飾ってじっくりと眺めていた記憶があります。




昨年末にフランスのミスコンテスト、「ミス・フランス」についてブログにてご紹介しましたが、

先週の土曜日、パリにてまた新たなミスコンテストが開催されました。



その名も…、



「ミス・ブラック・フランス」。



なかなかダイレクトなネーミングです。


ただ一つの参加資格は、


肌の色が「黒色系」であること。



1000人余りの立候補者たちの中から、17歳から28歳までの18人に絞られ、先日パリにて決戦大会がありました。


優勝者はセネガル出身の学生さん。準ミスはコート・ジボワール出身とギニア国籍の学生さん二人。



さすが…、「美しい」デス!



このタイプのコンテストは地方では開催されたりしていたそうですが、「フランス国内全体規模」での開催は初めてとなる「ミス・ブラック・フランス」。


もちろん、「賛否両論」飛び交っています。



主催者は、ファッション雑誌での黒色系モデルの掲載が少なく、パリではロンドンに比べ黒色系モデルの活躍が少ないと訴え、このミスコンテストにて、

「黒色系女性の美しさ」をアピールしたいとのこと。



このコンテストに異を唱えるのは、人権擁護団体や移民問題の研究者たち。

「黒色系の肌の色であることを「民族の違い」と、あえて特筆しかねないことになる。」と。

中には「危険極まりない最低の行為だ!」との主催者への痛烈抗議も。



そんな中、


「このコンテストにおける一連の騒動や論争は、黒色系の女性について「ある種の不快な問題がある」という現実を浮き彫りにした。」


と、主催者は前向きな見解を示し、このコンテストには特にアフリカのテレビ・ラジオ局などから多くの協賛を得ていているとのこと。


また、この「ミス・ブラック・フランス」コンテストには、特にアフリカ大陸にて多くみられる「鎌形赤血球症」という遺伝性の病気についての現状を多くの人たちに知ってもらうための活動の要素も含まれているようです。



良くも悪くも「とらえ方一つ」で変わってしまします。



まっ、いろいろと騒がれながらも、コンテストは開催されて優勝者が決まるところまで至ることができるのが、いかにもフランスらしいねっ!って思いました。



舞台上に立つ優勝者(初代ミス・ブラック・フランス)と準ミスの3人の堂々とした美しい笑顔が印象的でした。



みなさん、どうぞステキなゴールデンウイークをお過ごしください。



さいごまでお読みいただきありがとうございました。(^-^)

take.

 

(2012年4月30日(月) 2:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランスのカフェでギャルソン経験!日韓W杯や世界陸上などのスタッフも

まりこば・どっとこむ・ふらんせーず
いしいたけし (フランス語)

新大阪・梅田/大阪・三ノ宮・元町・八尾・天王寺・京橋・難波・近鉄日本橋・天満橋・北浜...

ブログ記事 ページ先頭へ