全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 マリーのフランス語講座 スクールブログ Paques...

Paques(復活祭)


お久し振りです。
既に過ぎた事ですが、復活祭について筆を取ろう思います。

復活祭はフランス語でPaquesと認めます。
その名称は、ヘブライ語のPesach(過越祭)に由来します。
今年の復活祭は4月8日でした。
私は、上智大学内にある聖イグナチオ教会にて参加しました。
和風のステンドグラスが配される、美しい教会です。
ミサが執り行われる中、
その日、
老若男女数十の人が、洗礼を受けていました。
着物姿の方もいらして、ガラス越しの柔らかい光が、彼等の行いを更に引き立てている様でした。

幼き頃、
私は父方の故郷ピレネーの教会で、毎年復活祭に参加していました。
家族総出で、大人も子供も艶やかな服を身に纏い、教会に向かったものです。
教会に赴く前、
子供にとって楽しみな行事がありました。
庭に隠されたイースターエッグ(卵型のチョコレート)を探す事です。
それは、妹たちと夢中になった一時、
懐かしい光景の一つです。

一つ付け加えますと、
復活祭の日は毎年違います。
大まかに記すと、
春分の日以降最初の満月後、最も近い日曜日がその日に当たります。

処で、
今年の復活祭は、花まつり(お釈迦様の誕生日)と同じ日でしたね。

 

(2012年4月27日(金) 18:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文部省国費で東京芸大留学!絵画を愛する2012年度MVPコーチ

マリーのフランス語講座
河浦マリージョゼ (フランス語)

高田馬場・目白・池袋・日暮里・飯田橋・千駄木

ブログ記事 ページ先頭へ