全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室愛知 アトリエ・フランセ スクールブログ 桜の季節

桜の季節

満開まであと少し、というところでしょうか。
今日はそんな桜を始めとしたお花の話をしていきましょう!

桜…Cerisier (スリズィェ) ただし日本の桜とは少し違いますので、日本の桜の話をするときはフランス人でも"Sakura"と日本語で言う人が結構います。
ちなみになんだか聞き覚え、ありませんか?
そうです。
ケーキ屋さんのル・スリジェ・ダムールは"Le cerisier d'amour"で、「愛の桜」という意味です。
って、このケーキ屋さんは名古屋ではそんなに有名じゃないんでしょうか。岐阜では有名で、お店も沢山あります。

ミモザ…Mimosa(ミモザ)
フランスに大量に咲いている綺麗な黄色い花です。
TGV(フランスの新幹線)なんかに乗ると、延々と続く一面の黄色いお花畑が見えたりして、とっても綺麗です。
ちなみにミモザの花を構成するポンポンは、
フランス語でもpompon(ポンポン)といいます。というか日本で使っているポンポンがもともとフランス語からきた外来語だったのでしょうか?
関係のない話になりますが、チアガールのことをフランス語では「Pompon girl(ポンポンガール)」といいます。
しかも英語の発音がきれいにできないのでほぼ「ポンポンギャール」です。
なんだか可愛いですね。

お花の話をするはずがいつのまにかPompon girlの話になってしまいました…。
それでは今日はこのへんで!

Ciao !

桜の季節

(2012年4月5日(木) 20:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランスへ留学後、大学で日仏学生交流サークルを運営。資格対策も対応

アトリエ・フランセ
浅野美紀 (フランス語)

名古屋・岐阜・西岐阜・栄・伏見・本山・名古屋大学

ブログ記事 ページ先頭へ