全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室愛知 フランス語サエラ スクールブログ フランス語の略...

フランス語の略語③・・・君の名は?

むか~し、むかし、と言っても第二次大戦直後、一世を風靡した連続ラジオドラマがあったそうです。そのタイトルは、『君の名は』。

放送時間になると、銭湯から客がいなくなった、といういかにも当時らしい逸話が伝わっているほどの大ヒット作だったそうです。ご両親、あるいは、おじいさん・おばあさんから聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。もちろん、自分で聞いたという方も。放送開始が1952年だったそうですから、今年は60周年に当たりますね。

だから、というわけではまったくないのですが、ご好評のフランス語の略語シリーズ、今回は「君の名は」・・・そう、人名の略語です。

では、まず、次の略語、誰のことか、ちょっと考えてみてください。

1)BB
2)DSK
3)MAM
4)PPDA
5)NKM

ヒント、です。
1)女優、2)女性を好きな政治家、3)女性の政治家、4)キャスター兼作家、5)女性の政治家

お分かりになったでしょうか。では、正解を。

1)Brigitte Bardot ブリジット・バルドー
フランスのセックス・シンボルとも言われた有名女優。スクリーンから引退後は、動物愛護活動家として活躍。

2)Dominique Strauss-Kahn ドミニク・ストロス=カン
経済・財務・産業大臣などを歴任した、社会党の重鎮。FMI(Fonds monétaire international:英語表記ではIMF)専務理事になるも、強姦未遂などのスキャンダルで辞任。スキャンダルさえなければ、大統領選での有力候補で、たぶん当選しただろうと言われている。しかし、与党UMP(国民運動連合)は、当初からDSKのアキレス腱は「オンナ」だと言っていた。

3)Michèle Alliot-Marie ミシェル・アリオ=マリ
国防相、内相、法相、外相を歴任し、また現与党UMPの前身・RPR党首も務めた、大物政治家。「アラブの春」が始まった際、チュニジアに休暇で出かけ、前政権から厚遇を受けたことなどで、外相を辞任。

4)Patrick Poivre d’Arvor パトリック・ポワーヴル・ダルヴォール
1987年から2008年まで、TF1夜8時のニュース・キャスターを務めた有名なジャーナリスト。また作家としても、小説、ドキュメント、伝記、自伝など多作であり、映画に自分自らの役で出演したこともある。

5)Nathalie Kosciusko-Morizet ナタリー・コシウスコ=モリゼ
環境相を今年2月22日に辞任し、再選を目指すサルコジ大統領陣営の報道官に就任。

いかがでしたか。政治家が多くて、おもしろくな~い、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、名前に関する単語のご紹介を追加しておきます。

1)acronyme
2)pseudonyme
3)anonyme
4)synonyme
5)antonyme
6)paronyme

どこが名前か、お分かりでしょうか。上記の6単語は共通の接尾辞(suffixe)を持っていますね。“-onyme”・・・古代ギリシャ語で、“nom”または“mot”を表現するそうです。そこから考えると・・・

1)acronyme=略語
2)pseudonyme=偽名、ペンネーム
3)anonyme=匿名
4)synonyme=同義語
5)antonyme=反義語
6)paronyme=類音語(発音の似ている語)

な~んだ、“mot”の意味からの派生語の方が多いじゃないか、という声もあるかと思いますので、最後に、ペンネームに関して二つだけご紹介しておきます。

下記は、ある作家の本名です。それぞれ、ペンネームでは、誰のことでしょうか。

1)Jean-Baptiste Poquelin(ジャン=バティスト・ポクラン)
2)(Marie-)Henri Beyle(アンリ・ベイル)

お分かりですか。1)はモリエール(Molière)。『守銭奴』、『人間嫌い』、『町人貴族』、『病は気から』などの喜劇を残した17世紀の演劇人。パリのコメディ・フランセーズ(Comédie Française)は、別名“Maison de Molière”と言われていますね。

2)はスタンダール(Stendhal)。『赤と黒』、『パルムの僧院』などでお馴染みの、19世紀前半に活躍した作家。Marie-Henri Beyleが正式な本名のようですが、一般的にはHenri Beyleが本名と言われています。

たかが、名前。されど、名前。いろいろな雑談ができそうです。

 

(2012年3月21日(水) 14:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大学で仏文専攻。海外駐在の後、パリに留学しソルボンヌの文明講座を修了

フランス語サエラ
大原健 (フランス語)

名古屋・栄・池下・覚王山・本山

ブログ記事 ページ先頭へ