全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室大阪 気取らないフランス語講座 スクールブログ Il fait...

Il fait froid.

 寒い毎日が続きますが、皆さん風邪など引かれていませんか?ヨーロッパは大寒波に襲われて、フランスでも凍死者が出ているようです。特に高齢者やS.D.F.(sans domicile fixeの略、読み方はエス・デー・エフ、「ホームレス」の意)の方たちには厳しい状況でしょう。一刻も早い行政の対策と寒さの緩和を願って止みません。

 今日は、挨拶代わりに「寒いですね」と言ってしまうこの時期に便利な単語froid(寒い、寒さ)を使った表現を3つ取り上げます。

 ・Il fait froid.(イル・フェ・フロワ)「寒いですね」
 話題に困った時、差し障りのない話題で会話のきっかけをつかみたい時に気候の話をするのは万国共通だと思いますが、そんな時に役立つ表現です。

 ・J'ai froid.(ジェ・フロワ)「寒いよ」
 客観的な気候ではなく、主観的な感覚の表現です。なんだか寒気がする時はこう言います。実際はさほど寒くなくてもJ'ai froidと甘えてみれば、誰かが自分の上着を脱いで貸してくれるかも、くれないかもしれません。

 ・J'ai attrapé froid.(ジェ・アトラペ・フロワ)「風邪を引きました」
 そのままです。attraper froidで「風邪を引く」という意味の慣用表現になります。英語でcatch coldと言うのと同じですね。ちなみにインフルエンザはgrippe(グリップ)。「インフルエンザにかかった」なら、J'ai attrapé la grippe.(ジェ・アトラペ・ラ・グリップ)です。

 まだ寒さは続きそうですが、皆さんは風邪やインフルエンザにかからないように、お気をつけください。

 

(2012年2月12日(日) 8:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パリ、ブリュッセルに約3年間!字幕翻訳で活躍中の先生に学ぶ仏語の美しさ

気取らないフランス語講座
大塚美左恵 (フランス語)

豊中・蛍池・石橋・池田・川西能勢口・桜井

ブログ記事 ページ先頭へ