全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室大阪 まりこば・どっとこむ・ふらんせーず スクールブログ あいうえ「あい...

あいうえ「あいさつ」、かきくけ「こんにちは」!

こんにちは。

まりこば・どっとこむ・ふらんせーずのいしいたけしデス。


ここ2~3年前から、朝、仕事を始める前に自宅近くの河川敷を一時間ほど歩いています。

日の出から太陽が徐々に昇っていくのを見ながら、一日の予定を頭の中に巡らせてゆっくりと歩いています。

夏にはひたすら伸び放題となっていた雑草も、秋の初めに一気に刈り取られ、冬の到来によりこの時期は雑草も成長することなく、春先あたりまではとても見晴らしの良い河川敷を散歩することができます。

会社勤めの頃は、季節を感じることがほぼ無いに等しいくらいの日常であったのが、この習慣を始めてからは雑草の成長(笑)で四季を感じるとともに、他にもいろんな発見をもたらしてくれます。

車の通らない河川敷の遊歩道は、朝練に向かうチャリの中高生たちや、犬の散歩をする方々(わんこの種類も様々です)、初老のご夫婦が仲良くウォーキング、そのまま大阪マラソンに参加しそうな出で立ちでストイックに駆け抜けていくランナーたちなど、さまざまなタイプの人たちとすれ違ってゆきます。

そんな中、散歩のたびに思うことがあります。


「何だか、あいさつしづらいなぁ~。」


ほぼ習慣的に散歩をしていれば、おのずと「顔見知りの人」ができてきます。

例えば通勤の際、毎朝同じ時刻の電車の同じ車両の同じ位置に乗っていると、毎回見かける「顔」ってのがあるかと思います。

全く挨拶もしたことないのに、ある日その人が乗っていなかったりしたら、「どうしたんやろぉ、風邪でもひいたんかなぁ…。」などと、どうでもいい心配をしてしまったりと…。


ワタシの朝散歩でも同じことが言えます。


通勤電車の中のような何となくギスギスしたシチュエーションではないので、のんびりと散歩やウォーキングしている人たちにホント気軽に、


「おはようございます!」


って、一声かければイイだけなんですけど…、


その一言が、なかなか出にくいんデス。

というか、出しにくいんデス。



「何でかなぁ~?」と、考えてみました。



フランス滞在の頃、フランスで「ボンジュール」という言葉を発する頻度は、日本で「こんにちは」と言う頻度よりはるかに高かったと感じます。

知らない人とでも、比較的容易に「ボンジュール」と発していた記憶があります。


カフェに入って「ボンジュール」。

青空市(マルシェ)でも「ボンジュール」。

人と会って握手で「ボンジュール」。

バスに乗って運転手さんに「ボンジュール」。

スーパーマーケットのレジで「ボンジュール」。

タクシーも、とりあえず乗ったら「ボンジュール」などなど…。

もちろん、フツーに散歩していてもふとお互いに視線が合ったら「ボンジュール」。


日本では、こんな状況で「こんにちは!」とはあまり言わない気がします。

上記の「ボンジュール」を「こんにちは」に置き換えると…、

何だか少しヘンな感じがします。

「握手」の習慣も一般的ではないですしね。

商売では店員さん側が先行して「いらっしゃいませ」とは言いますが、お客さん側が店員さんより先に「こんにちは」とはあまり言わないですね。



ワタシ、この「ボンジュール」も、きっちりと歯切れよく最後まで「ボンジュール」とは言いませんでした。



「ボン・ジュ」ってな感じで2音節っぽく言っていました。



相手が取り込み中だったり、何となく挨拶しづらい雰囲気の時は、声に出さずに目があったら少し微笑んで口を「ボン・ジュ」と形だけ動かして、最後に「ジュ」が聞こえるか聞こえないかの程度で済ませます。

ちょっとイカサマっぽいあいさつですけどね。(笑)

人見知りであいさつをするのが苦手な方には、意外と効果的です。



誰とでも目が合った瞬間に、すかさず「ボン・ジュ」のアクション!



とてもシンプルです。

一瞬で相手との距離が少しだけ近くなったカンジがします。



これに比べると、日本語のあいさつの言葉は「コトバが長いなぁ」と感じるんです。


「ボン・ジュ」に比べて「こん・に・ち・は」ってね。


無言のシチュエーションが多い中、日本での「ボン・ジュ」は「会釈」だと思います。


「こんにちわぁ~」とココロで言いながら、何気なく相手に軽く頭を下げます。

独特の「距離感の取り方」に思えますね。



フランスの友人のこの話をしたときに、

「禅(ZEN)だね~!」「サムライ・スピリッツだよ~!」って言われました。

日本の「謎」な部分は「禅(ZEN)」で解決!ってのもねぇ……。(笑)



とにかく、あいさつは「簡潔」な方が言いやすいですね。

親しくなるとより簡潔に。


「ハロー(Hello)」が「ハイ!(Hi!)」に、

「ボンジュール(Bonjour)」が「サリュ(Salut!)」に。


スペイン語は…、

初対面でも「オラ!(Hola!)」ってアリやなぁ…。

いきなり「親しいツレ状態!」にも感じますが、とても便利なコトバやと思いますね。



日本語だと…、

「こんにちは」から「ちわーっす!」や「うぃ~っす!」に……。
(ちょっと違うかなぁ?(笑))

何だろう…。該当する適当なコトバが見つかりません。



みなさんは日頃どのような「あいさつ」をされていますか?



無言の会釈もそれはそれで良いけれど、日本語でも何かシンプルで言いやすい「あいさつのコトバ」があれば良いのになぁ~。


みなさん、フランス語圏へのご旅行の際は、臆することなく

「ボン・ジュ!」 をお試しください!



さいごまでお読みいただきありがとうございました。(^-^)

take.


 

(2011年12月18日(日) 16:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フランスのカフェでギャルソン経験!日韓W杯や世界陸上などのスタッフも

まりこば・どっとこむ・ふらんせーず
いしいたけし (フランス語)

新大阪・梅田/大阪・住吉・三ノ宮・元町・八尾・天王寺・京橋・難波・近鉄日本橋・難波・...

ブログ記事 ページ先頭へ