全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 マリーのフランス語講座 スクールブログ やばい?

やばい?

「やばい」
ある一定以上の世代からすると、心の高揚(感嘆)を意味する言葉。
いわゆる若者言葉ですね。
しかし元々は、
悪い事態を意味するもの。
こうした意味の変化(逆転)は、どの国でも多々ある様です。
フランス語にも、
そうした事例があります。

幾つか例を挙げると、
「Formidable」
元来は、威圧的恐怖、畏怖を意味します。
私の母世代が若い時分、
既に本来の意味ではなく、日本語の「やばい」同様、
すごい、素晴らしいと云う意味で用いていました。
「Terrible」
上記の例同様、
この言葉も恐怖を意味します。
私が学生時分、
その意味で用いていました。
然し、感嘆(すごい)の意味でも用いました。
「Etre a l'ouest」
英語の、To go westを訳したもの。
前世紀、
フランス語に組み込まれ、30代以降の世代は、日常用いるフレーズです。
元来(英語)は、
一寸恐いですが、殺されると云う意味。
それが、
ボーとしている、抜けている、ずれていると云う意味に変わりました。

言葉は文化の核、
処を構わず、若い世代が変化をもたらしますね。

 

(2011年12月7日(水) 21:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文部省国費で東京芸大留学!絵画を愛する2012年度MVPコーチ

マリーのフランス語講座
河浦マリージョゼ (フランス語)

高田馬場・目白・池袋・日暮里・飯田橋・千駄木

ブログ記事 ページ先頭へ