全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室鹿児島 ちょっとスパルタ短期濃縮型フランス語入門 スクールブログ 私がフランス語...

私がフランス語を勉強することになったわけ

はじめまして。
ちょっとスパルタなフランス語入門講座講師の「れん」です。
フランスには夫の仕事の関係で1年半住んでいました。
フランス大好き。時間とお金に余裕ができたら即帰っちゃいそうです。
フランス人のあの裏表の無い気質と、おいしい食べ物を好きになってしまうと、
本当に離れがたいと思います。

この前友達からメールが来て「パリはちょっと寒い~」とのことだったのですが、
現在暑い奈良盆地に住まうブルーチーズに飢えた私は「今すぐ帰らせろ!!」と
モニター前で叫んで夫とケンカになりそうになりました(汗)。

さて今でこそフラ語がちょっとはできるようになった私ですが
フランスに行く前はフランス語をしゃべる気が全然無かったんですよ。
何でかと言うと、フランス語は活用が複雑なので、それを見て敵前逃亡。
夫には「もう英語で暮らす」と伝え、フィリピンまで英語留学に行く計画まで立ててたんですよ。

けど、実際にフランスに行ったら、みんな英語も話せるけどちょっと冷たい。
後、英語を話していると、「こいつ、観光客だ~」とばかりに
怪しい人たちがたくさん寄ってくるのです。

思うに、英語を話す人に対するフランス人の気持ちとしては
「何で英語なの?ここはフランスだっての!!」という気持ちなのだと思います。
フランスはEUの盟主という自負があるし、EUはアメリカを意識しているので、
フランス人的に英語を流暢にしゃべられてムっとする気持ちはわからなくも無いです。

そんなわけで私はフランスについて3日程度で英語を挫折して、
フランス語を勉強することになったわけです。

私がフランス語を勉強することになったわけ

(2011年6月26日(日) 17:26)

次の記事

この記事を書いたコーチ

パリで子供を出産!現地での実生活で鍛えた活きた語学力

ちょっとスパルタ短期濃縮型フランス語入門
近藤あさひ (フランス語)

鹿児島中央・坂之上・天文館通・市立病院前・たばこ産業前

ブログ記事 ページ先頭へ