全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 イメ~ジDEフランス語 スクールブログ ぜひ伝えたい体...

ぜひ伝えたい体験談☆

この小話は、私のフランスでの体験談です。
皆さんだったらどう感じますか?


パリに到着して一週間。
さあ、これからいよいよ本格的に新生活!というとき、
忘れられない事件が起きました。

通っていた高校の帰り道、バスを待っていると、
近くにいたおじさまが私に話しかけてきました。

おじさま:Vous avez l'heure?
私:???

その後、おじさまのジェスチャーで時刻を聞かれているとわかったのですが、その当時、BonjourとMerciの計2語だけを習得してフランスに飛び立ってしまった(あ、Bonsoirもわかったな、たぶん…?!)私は、おじさまの”Vous avez l'heure(ヴザヴェ ルーる)?”を全く聞き取れなかったのです。

 ※日本語のラリルレロに近いLの音をカタカナで、
  うがいをするときのようなRの音をひらがなで表記
  してます。

この時の私は、なぜか聞き取れなかったことにショックを受けず(図太さ爆発ですね。笑。)、むしろこの「事件」に嬉しさを感じました。

なぜか?
そのバス停には他にも何人か人がいました。
全員がフランス人かどうかはわかりませんが、アジア系は明らかに私一人でした。
その中でたまたま隣にいた私に時刻を聞いてきたおじさま。

もし場面が日本で、私がおじさまの立場で、隣に欧米人、ほか日本人数人、という中にいたら、私はおそらく日本人を選んで時刻を聞いていたと思います。
「確実に日本語がわかる人に」という先入観からの行動です。

私はこの「事件」のとき、こういった自分がもつだろう先入観に反省し、同時に、おじさまがフランス語もろくに話せない自分を同じコミュニティの仲間として認めてくれた気がして、とても嬉しく感じました。

このことは、その後の私のフランス語学習の原動力にもなりました。

さまざまな国籍、人種の人々が生活する地域というと、ニューヨークなどをイメージされる方も多いと思いますが、パリにも、実にさまざまな国籍、文化背景をもった人々が暮らしています。そういった人々が皆フランス語を使ってコミュニケーションをとっているので、容姿が私のようにアジア系だって、パリで生まれ育っている人もたくさんいるのです。

たった一度の「事件」が私にこのようなことを教えてくれて、また、おじさまが私に「僕たち仲間だよ」と言ってくれたような気がして、このことは私の中で一生の思い出の一つとなりました。

いかがでしたか?
今回はちょっと長くなったしまいました…
最後まで読んでくださってありがとうございます!
Merci beaucoup!

 

(2011年2月4日(金) 0:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学、商談、何でもOK!伝えたいと思う気持ちを全面サポート

イメ~ジDEフランス語
あすか (フランス語)

品川・川崎・横浜・五反田・田町・大井町・大森・蒲田

ブログ記事 ページ先頭へ