全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 フランス語:ルソン パルティキュリエー スクールブログ フランスのカフ...

フランスのカフェ

フランスから帰ってきてノスタルジーになるのはまずカフェです。

フランスでたくさんのカフェがあり、その大半がオープンテラスのあるカフェです。 同じカフェへよく行くようになると、ギャルソンや他の常連と仲良くなり、偶然前を通った時でも挨拶を交わしたりします。

一部の高級、観光カフェを除いて、全く気取っていなく、人々がゆっくりお茶したり、本をよんだり勉強したりしています。 

アールデコ調などクラシックな感じのカフェやモダンな感じのカフェなどいろいろありますが、基本的にコーヒーは濃厚でとてもおいしいです。 

僕が良く飲んでいたのは、エスプレッソをお湯で割ったカフェアロンジェやエスプレッソにミルクを入れたノワゼット、もちろんエスプレッソも飲んでいました。ナマクリームをたくさんかけたカフェヴィエノワも少々高いですがとてもおいしいです。 

日本へ帰ってきていろいろな喫茶店やフランスちっくなカフェにコーヒーを飲みに行きましたが、やはりフランスで飲んでいたようなカフェには今のところ辿りついていません。。 

そこで結局、日本で一番フランスで飲んでいたような濃厚なカフェを飲むには、ネスプレッソというアメリカの会社の出している、カプセル式のコーヒーメーカーしかないと思い購入しました。 

このコーヒーは大学の研修でアートギャラリーにいる時に置いてあって、フランス人の友達も絶賛していたもので、僕も飲んではまり、毎日3,4杯も飲んでいました。。

コーヒーさておき、フランスぽいオープンテラスのカフェは都内にはそんなに多くなくて残念ですが、前から噂で聞いているのは、オーバカナルというカフェ。 まだ行く機会がないのですが、ここはフランス料理や、内装なだけではなく、店員もフランス語がしゃべれ、フランス人のお客とフランス語で会話しているらしいです。 

もしかしたらフランス語の訓練になるかも??

http://www.auxbacchanales.com/home/


 

(2011年1月17日(月) 17:36)

次の記事

この記事を書いたコーチ

発音や会話力はネイティブお墨付き!留学経験も豊富なコーチ

フランス語:ルソン パルティキュリエー
牧田純一 (フランス語)

東京・品川・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・有楽町・代々木上原・中目黒・大手町

ブログ記事 ページ先頭へ