全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 ジャンムーランフランス語クラス スクールブログ Lyon, l...

Lyon, la ville où j'habite

皆さん、こんにちは。
今日、ちょっと懐かしくなってきましたから、リヨンについて話したいと思います!
リヨンは歴史と料理のお陰でフランスの有名な街になりました!
リヨンのれきしから話し始めたいと思います。-12000年から人間はFourvièreの丘に住んでいましたそうです。ローマン帝国の時代の時(−43年)、リヨンは町になりました。しかし、名前はリヨンではなく、Lugdunum(ルグヅヌム)と言う名前でした。この時代でLugdunumはフランスの首都でした!ローマン帝国の人々、リヨンに住んで、色々な建物を作りました。現在、まだこの建物を見えます!Fourvièreの丘で、博物館があって、あの時代の物を見上げられます。その上、Amphithéatreという建てられたところも行けます。もっと詳しくを知りたかったら、このリンクへ見に行ってください。http://fr.wikipedia.org/wiki/Th%C3%A9%C3%A2tre_antique_de_Fourvi%C3%A8re (英語で返られます)
Moyen-âge (middle age)の時代で、Cathédrale(カテドラル)が建てられました。教会とcathédraleは何が違うのでしょうか?実は大きさと形も違います。cathédraleのほうが大きくて、鐘楼が二つがあります。パリのNotre-Dame de Parisのうようです!19世紀で、Basiliqueが建てられました。建てられた理由は特別なんです。1800年ぐらいの時、リヨンの周り疫病という病気が沢山人々を殺していました。リヨンまで着かないように、リヨンの市民はマリア様に祈りしました。で、結局この病気はリヨンまで行かなかったです。この状態で、マリア様に感謝するために、Basiliqueを建てられました。建築的に、BasiliqueとCathédraleは違います。

リヨンでは川二つがあります。Le Rhône et la Saône.(ローン、ソーン)この二つはリヨンの南で一つになります。Méditerranéeの海まで流れます。この二つの川のお陰で、貿易的に慮んはとてもいい場所でした。

リヨンの形について、丘二つがあります。Fourvièreの丘とCroix-Rousseの丘です。リヨンの市民として、Fourvièreは祈りしてる丘で、(BasiliqueとCathédraleがありますから)Croix-Rousseは働いている丘です。この場所は、19世紀の時、絹と働いてる人が多くて、とても有名な場所です。
Le Rhôneとla Saôneの間でLa presqu'îleというところです。これはリヨンのダウンタウンです。
写真を見たかったら、是非インターネットで調べてください。

料理について、Chef沢山がいます。例えば、Paul Bocuse, la mère Cotivet, Jean-Paul Lacombe, Léon de Lyon等。なので、リヨンでは色々な名物があります。(Andouillette, quenelles, sauce au vin, charcuterie...)とてもおいしい料理です!それにBourgogneとChampagneと言う所は近いので、おいしいワインも沢山あります。私はあまり詳しくないですが。。。

これはとても短いリヨンの紹介でしたが、もしもっと詳しく知りたかったら、遠慮なく聞いてくださいね!リヨンについてのフランス語の授業とっても面白くなると思います!

Lyon, la ville où j'habiteLyon, la ville où j'habiteLyon, la ville où j'habite

(2010年11月12日(金) 17:21)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ