サイタ語学の習い事フランス語教室東京 フランス語個別指導・エトワール スクールブログ 展覧会ふたつ

展覧会ふたつ

まだ行ける展覧会についても書いておかなきゃなりませんね。
ふたつほど。

まずは
渋谷の文化村でやってる「レンピッカ展」
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_10_lempicka.html
ワルシャワ生まれで、20世紀前半に活躍した女性です。


これは娘の肖像。

ドラマティックな人生を送った人で、
主にパリで、そして第2次大戦の頃にアメリカに渡って活躍しました。
ファッションを手がけるなど時代の波に乗っていた人ですね。
自身もファッション雑誌の表紙になるなど、美貌でも知られていました。

レセプションにも顔を出しました。
来客者が普段見るような顔ぶれと違う!
それだけでも、この画家の受けとられかたが分かると思います。
華道家のカリヤザキさんを見かけました。

それともうひとつは上野の国立西洋美術館で開催中の
「ブラングィン展」です。
http://www.fb2010.jp/main/
「忘れられた」英国の画家で、19世紀末ー20世紀前半に活躍した人です。
ブラングィンもマルチな人で、油絵や水彩だけでなく、家具のデザインや、挿絵まで手がけていました。しかし、こんな才能をもった人が長い間無視されていたというのは驚きです。百聞は一見にしかず。まず見に行ってください。オススメです。

特に気に入ったのは《白鳥》

デザインと絵画芸術の見事な融合です。

全然フランスと関係ないではないか!
とお思いでしょうが、とんでもありません。
彼がほとんど唯一評価されたのがパリだったのです。
実はこういった「ものを見る目」というか、
「新しいものを受け入れる気風」というか、
それこそがフランスを芸術大国にしたのです。
私たちにとっても大事なことかもしれません。




 

(2010年3月23日(火) 10:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一橋大学院卒!芸術をこよなく愛す翻訳家が教える美しい言葉

新着記事

オルセーで思い出しました。 新国立美術館でやってる「オルセー美術館展;ポスト印象派」もおすすめです。 普段美術に馴染みがない人にも、おすすめです。 有名な人の有名な絵がたくさんあります(ゴッホだのセザンヌだの、、、)。 日本でこれだけ揃うことは滅多にありません。 実をいうと、この...

「マネとモダンパリ展」に行ってきました。 美術展の題名は、ほとんど「サギ」のことも多いけど、 この展覧会は題名にふさわしい充実した内容でした。 19世紀後半のパリの写真や、当時の情景を描いた絵画を、マネの作品と一緒に展示。 こういう、絵画を「立体的」(3Dじゃないよ)に見せる展示はいい...

まだ行ける展覧会についても書いておかなきゃなりませんね。 ふたつほど。 まずは 渋谷の文化村でやってる「レンピッカ展」 http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_10_lempicka.html ワルシャワ生まれで、20世紀前...

フランスに関連する展覧会や、アートについても書くつもりです。 なるべくみなさんがまだ見に行ける情報を出すつもりですが、 今回は終わってしまったものです。お許しを! 広尾にフランス大使館があるのですが(Visaのこととかでたまに用事があって行くこともありました)、老朽化が進んだようで、...

そう、それで、 フランス語の書籍が買える本屋さんをいくつか紹介します。 僕が一番行くのは西新宿にある、そのものずばり「フランス図書」です。 新宿郵便局のそばです。 http://www.francetosho.com/ ここはたぶんフランス語書籍の品揃えは日本一ではないかと。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フランス語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ