全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 フランス語個別指導・エトワール スクールブログ はじめまして!

はじめまして!


ここではフランス語やアートについて、
僕が見つけたこと、思ったことを書いていこうと思います。

でも最初ですので、フランス語を学ぶにあたって必要なものを書きます。

・辞書
レベルに応じて各種出版されてるので、自分の段階に合ったものを選ぶのが大切です。あんまり薄いと載ってない言葉も多いし、あんまり厚いと引くのに時間がかかるし、なにしろ重いです。相談してくだされば最適な辞書を提案します。
電子辞書を使う人が増えていますが、フランス語はろくなのが出ていないという現状ですし、紙の方が勉強になるとはよく聞く声です。でも便利ですよね、きっと、僕も実は欲しいのですが、、、初級の方は電子辞書でも問題無いと思います。casio ex-wordがフランス語版あります。

・テクスト
これもレベルによっていろいろ出版されています。会話重視か文法重視か、フランス語で説明されているか、日本語で説明されているかなど、ほんとにいろいろあるので、自分のセンスに合ったものを選べばいいと思います。日本語のものは大きい本屋に行けばありますし、フランス語のものは新宿のフランス図書や、飯田橋の欧明社に置いてあります(本屋については別の記事で書きます)。僕も仕事柄たくさんもっているので、サンプルをお見せすることはできます。
まあ、テクスト使わないでレッスンを進めることもできるのですが、何か合った方がペース配分とか目安という意味でやりやすいかもしれません。

・ipod
別に必要じゃないのですが、語学には強力な味方です。詳しくはまた別の記事を書きますが、フランス語をひたすら聞きまくるのです!

・その他
とまあ、楽器とかと違って、ほとんど道具は必要ないので、気軽に始めることができるのですが、一番必要な道具は知的好奇心というか、知識欲というか、みなさんの中にあるものです。頭の回転とかアンテナの受信を止めると、そういうのはなくなってしまうんですよね、、、逆に言うと、それさえあれば、なんとかなります。僕がなんとかします。
それでは、また。よろしくお願いします!

 

(2010年3月22日(月) 10:13)

次の記事

この記事を書いたコーチ

一橋大学院卒!芸術をこよなく愛す翻訳家が教える美しい言葉

ブログ記事 ページ先頭へ