全国5万人が受講している「サイタ」

フランス語教室・フランス語講座

フランス語教室・フランス語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事フランス語教室東京 フランス語スクールアヴニール スクールブログ 思い出のペルピ...

思い出のペルピニャン写真祭


昨年の夏、フランス南部ラングドック=ルシヨン地域圏

に位置するペルピニャンという都市に行ってきました。

フォトジャーナリズムの世界最大のイベントのためで

す。

と言っても、私は写真家ではありませんから日本人の

フォトグラファーに「同行する」という形で。

コンペティションも行われますが、入賞しなかった写真

家達もヨーロッパ中から写真祭のために集まったプロに

自分の作品を見せ、意見を聞くことができます。

私は数日間、日本人写真家を言語面でサポートしてい

ました。

写真を観てもらう時間を予約したり、写真に関する意見

交換の取次ぎをしたりetc

観光も含めて、いやー、楽しかった!でも、激しく疲れ

ました。

というのは、一度許可を得て会場に入ったのに次に入

場する時は大勢の人が来場しているためか「あんた

誰?」扱いなので、また一から説明しなくてはならない

ということが何度かあったためです。

でも、いろんな意味での「コミュニケーション能力」が鍛

えられたように思います。

フランス語学習者の皆さんの中には、写真や絵画と

いった芸術に興味を持たれている方も多いかもしれま

せんね。

私が今言えることは、ペルピニャンで芸術に触れるもよ

し、フランス語力を鍛えるもよし(日本人がほとんどいな

いのです!)といったところでしょうか。

写真は、追って掲載します!




 

(2010年2月13日(土) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

上智大学仏文科卒。ニュアンスが難しい美術家のサポート経験も

ブログ記事 ページ先頭へ