サイタ資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール岡山 ためになるFP塾 スクールブログ FP技能士3級...

FP技能士3級試験合格への道 その1 試験の概要編

皆さま、はじめまして!ためになるFP塾の黒木です。

これから、FP技能士3級を勉強しようと思っている方のために試験の概要、難易度と合格率、勉強法を書いていこうと思います。


【試験内容について】

FP技能士の試験といえば、出題範囲が広いことが特徴です。

内容は大きく分けて6つの分野に分かれています。

1.ライフプランニングと資金計画
2.リスク管理
3.金融資産運用
4.タックスプランニング
5.不動産
6.相続・事業承継

これら6つの分野からまんべんなく出題されるので、受験者の方は幅広い知識を身につける必要があります。


【実施団体】

FP試験は「FP協会(特定非営利活動法人日本FP協会)」と「金財(一般社団法人金融財政事情研究会)」の2団体で実施されています。

試験の内容は学科と実技に分かれています。

学科はどちらの団体も共通です。

実技はFP協会が「資産設計提案業務」を、金財が「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」と分かれています。受験者は3つのうちどれかを選ぶことができます。


【出題形式と合格基準】

学科・実技ともにマークシート形式で6割以上の得点で合格になります。

学科は1問1点の問題が60点満点で36点以上で合格です。

実技はFP協会の場合20問100点満点で60点以上、金財の場合15問50点満点で30点以上で合格です。

合否の判定はそれぞれ行います。学科あるいは実技の合格者には一部合格証書が発行され、学科と実技の両方に合格すると合格証書が発行されます。


「6つの分野から問題がでるなんて、たくさん覚えることがあって大変そう?」と思いましたか?

それとも、「6割の正答率で合格できるなら、なんとかなりそう?」と思いましたか?


では、その2で「難易度と合格率」をみていきましょう!


FP技能士3級試験合格への道 その1 試験の概要編

(2019年5月10日(金) 11:35)

次の記事

この記事を書いたコーチ

FPとして相談や執筆、セミナーを手掛ける先生。まずは3級取得から挑戦!

目的・種類別にファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を探す

新着記事

こんにちは!ためになるFP塾の黒木です。 その2では、FP技能士3級試験の難易度と合格率を見ていきましょう! 【難易度】 FP技能士3級の試験の難易度はかなり低め、つまり簡単といえます。 出題範囲が広いことが難しく感じるかもしれませんが、問題自体は基本的な内容がほと...

皆さま、はじめまして!ためになるFP塾の黒木です。 これから、FP技能士3級を勉強しようと思っている方のために試験の概要、難易度と合格率、勉強法を書いていこうと思います。 【試験内容について】 FP技能士の試験といえば、出題範囲が広いことが特徴です。 内容は大きく分...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ファイナンシャルプランナーレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ