全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール兵庫 FP 養成講座 スクールブログ 試験日の食事

試験日の食事

いよいよ明日はFP試験です。
試験当日で気を付けていただきたいのは、学科試験と実技試験の間の過ごし方です。
実技試験は、過去問の再出題比率が極めて高い試験です。したがいまして、最後の最後までしっかりと過去問を確認しておく方がよいでしょう。

私はFP試験の試験監督をよくしています。(※明日も大阪大学で試験監督です)
試験会場では、午後の実技試験が始まってからいきなり寝ている方をよく見かけます。
これは昼食をしっかりととられた結果生じる生理現象であると推察します。

私も経験上、食事をとってから1時間経過後に強烈な眠気に襲われることがあります。
たまに受験上のアドバイスとして「頭の疲労回復のためにエネルギーを補給しましょう。チョコレートが効果的です。」とブログ等で書かれている方もいらっしゃいます。
しかし、炭水化物は確実に眠気を誘引します。できることなら食事は試験が終わった後にすることをお勧めします。
「腹が減っては戦ができぬ」という方は、せめてご飯・パン・チョコレート等の炭水化物を多く含んだ食べ物は控えていだくことが無難だと思います。

また、「どうしても昼食はとっておきたい」という方は、食後にコーヒー等のカフェインの入った飲料を摂取しておいてください。FP試験において、カフェイン摂取は合法です。ドーピング検査はありません。ただし、普段飲みなれていない飲み物を摂取するのは危険です。お腹の調子が悪くなる可能性がありますので、くれぐれもご注意ください。


試験終了後、「まあまあできた」という満足感にひたりながら、落ち着いてゆっくりと食事をとられることをお勧めします。

 

(2017年9月9日(土) 7:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多くの教え子を合格へ!独立開業した先生が試験対策から資格の生かし方まで

FP 養成講座
佐藤和之 (ファイナンシャルプランナー)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・塚口・稲野・伊丹・御影

ブログ記事 ページ先頭へ