全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール長野 安曇野のファイナンシャルプランナー講座 スクールブログ 主婦がFPを学...

主婦がFPを学ぶ意味


「FPを学ぶ」とか「FP資格を取る」というと身構えてしまいますが、

あまり固く考える必要はありません。

要は「なにを知ることができるのか?」


例えば来年から相続税が変わります。

自分たちには、どのように関わってくるのでしょう?

もし、今自分が急に亡くなったら・・・

もし、夫に万が一のことがあったら・・・

もし、親の訃報が届いたら・・・

具体的に相続税が発生するのかしないのか、

知っておいて損はありませんよね。


他にも、身近なことがたくさんあります。

長男が将来私立大学に行きたいと言ったら、

家計にどれだけ影響が出るのだろう。

次男が同じように思っても、

希望を叶えさせてあげられるのだろうか?

漠然と不安を持ちつつも、

なんとかなると思って日々生活している方がとても多いと思います。

FPを学ぶことで、その不安を解消することも出来るかもしれませんが、

今から対策を打てる可能性が高いのです。


いつ、いくらの費用が必要で、

そのために今、なにをしておけば良いのか?

教育費のみならず、

お金の発生するイベントにはすべて当てはまりますよね。

それを一家まるごとで考えることが、

ライフプランニングです。

漠然としいていた不安の解消や、

実現不可能と思っていたイベントが具体的な目標になる気がしませんか?


主婦が学ぶ意味と題しましたが、

ご家族のうちどなたでも良いのでFP知識があると良いと思うのです。

適任が主婦の方なのかなと思った次第です。

FP資格を取ることが目的ではありません。

「知らなきゃ損」なことを一緒に学びませんか?

 

(2014年10月23日(木) 6:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ベテランFP。身近なことから効率的に学び、ライフプランも考える!

ブログ記事 ページ先頭へ