サイタ資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール長野 安曇野のファイナンシャルプランナー講座 スクールブログ 「お金の教育」...

「お金の教育」をしてこなかったツケ

日本には「お金に関する教育」がありませんでした。

いまでこそ、金銭教育や金融教育という名で学校によっては実施しているところがありますが、

それとて義務ではなく、地域や学校ごとまちまちです。

「お金」に関しては、しつけの範疇であり、家庭任せでした。

理解できたことと言えば、「欲しいものがあれば貯金しなさい」とか、

「無駄遣いは止めなさい」とか・・・

しかし、これではお金のごく一面しか学ぶことしかできません。

「お金」には、3つの役割があります。

「稼ぐ」「貯める」「使う」です。

社会人になれば、働くことでおのずとお金を「稼ぐ」ことになります。

しかし、「貯める」という意味合いで増やすことについて学んでこなかった我々は、

自分の欲しいものを買って、

残りを銀行の口座に「貯める」ことに何の疑いもなく過ごしていないでしょうか?

そして、必要だからと生命保険に入り、

会社では、給与天引きで意味も分からず半分近く引かれてる・・・


もし、「お金の教育」を受けていたらどうなっていたか?

例えば、すべてを銀行の普通口座に預け入れるのではなく、

一部を積立で投資信託を始めるとか、

普通口座だけではなく、貯まってきたらスーパー定期を開設するとか、

生命保険も金融商品という目でみれば、自然と見直しもするでしょう。

「お金」が「お金」を生み出すことを知っていれば当然かもしれません。

給与明細をみても天引きされている「社会保険料」や「税金」にも目が行き届き、

政治にも興味が湧いているかもしれませんね。


いま、NISAの20~30代の口座開設数が伸び悩んでいます。

これも「お金の教育」をしてこなかたツケだと私は考えています。

ファイナンシャルプランナーとして、みなさんに知っておいて欲しいこと・・・・

お金を稼いだら、使いましょう!

決して無駄使いをお勧めしているわけではありません。

自分で稼いだお金ですから、消費活動だけでなく、

様々な方法で経済活動に参加してほしいのです。

もちろん、普通口座への預金や保険購入も経済活動への参加には違いありません。

ただ、もっとそこに自分の意志を込めてほしいのです。

選択肢は数多くあります。

前述のNISA口座を開設して、株や投資信託を始めてみるのも良いでしょう。

個人向け国債を買ってみたり、外貨預金をしてみたり・・・

会社で退職金が確定拠出年金(401K)になった!という方もいるでしょう。

運用商品を選択する際に、少しメリハリをつけて選んでみては?

「お金の教育」がなかったわけですから、自分で学ぶしかありません。

えっ、何から始めれば良いかわからない?

FP3級の資格があるじゃないですか!

そうと決まれば、全力でサポートさせていただきます(笑)

 

(2014年8月26日(火) 20:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ベテランFP。身近なことから効率的に学び、ライフプランも考える!

目的・種類別にファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を探す

新着記事

人は良いことを知ると、周りの人に伝えたくなるそうです。 自分で体験できれば、近しい人に伝えたいですよね。 FP学習で変わることの3つ目、 それはファイナンシャルプランナーになれることです(笑) もちろん、資格を取得して活動するという道も開けますが、 「お金」に...

前回は、新聞・ニュースの理解度が変わるとお伝えしました。 変わることの2つ目は、その延長線上にあります。 FP学習とは、ざっくりいうと「お金」に関すること・・・ 「お金」について、日本では学ぶ機会がありません。 「お金」に関することがわかり始めてくると、 「こうし...

きっかけがどうあれ、FPを学んでみようと思い参考書を手にしたあなた。 「こんなに範囲が広いんだ~」と思いませんでしたか? 年金なども学ぶライフプランニングから始まり、 保険を扱うリスクマネジメント、 投資に代表される金融資産、 そしてなんてわかりづらいんだろうと再...

人生における三大資金ってご存知ですか? お子さんに注ぎ込む教育費、 あこがれのマイホームである住宅費、 そして若いうちはあまり考えたくない老後の生活費です。 この3つには共通の特徴があります。 一つひとつ何千万という費用が掛かりながら、 それを目にする機会は...

来年2015年1月1日以降に発生した相続から、基礎控除額と税額が変わります。 いわゆる「相続税増税」として新聞やテレビでたくさん取り上げられていますね。 その情報を見て、「なんだ、うちには関係ない」と思った方も多いはず。 対象者が増えると言っても、やはり相続する財産がないと発...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ファイナンシャルプランナーレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ