全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール宮城 きっと為になる!FP講座 スクールブログ 男女同権とは言...

男女同権とは言いますが。

法制度上では、男女差は無いものの世界の国々から見てみれば、

2013年ランキングでは、我が国日本は発展途上国並みの105位。

働く女性の皆さんは、どうお感じですか?

差別されていると感じる事は、ございますか?

男女別に将来の不安に対しても、女性の方が多く不安を感じているようです。

その原因の中には、男女間の賃金格差が有り得るからでしょう。

しかし、現状は 男女間の賃金格差解消のためのガイドライン

があるだけで、企業への指導はありえません。

自分で守るしかない現状です。

将来の不安を少しでも解決できる対策として、最初に浮かぶ言葉。

貯蓄 ですよね。

その方法には、定期預金・貯蓄物の保険・投資など様々ですが

闇雲に、走っても損をする事はありえます。

自分にあった貯蓄。専門家に聞くもよし(お近くのFPなど)。ネットや本で調べるもよし。

もう1つは、転職。

今より給料のいい企業へ転職出来たら良いですが それは極わずかに限ります。

自分への投資(資格習得)をして、専門職や資格を活かせる仕事に就く。

給料アップには、少しは近道になるかもしれません。

資格習得もお勧めします。

しかし、流行りだからと 畑違いの資格を取得しても無駄に繋がります。

今の仕事にプラスした知識の資格。

次の職場で、資格が生かせる仕事。

それを考えるとFP とは 幅広い分野で活かせる資格でもあります。

会計・保険・投資・銀行・不動産業など・・・

少しの不安でも消えたら良いと思い 私はFPの資格から入りました。




男女同権とは言いますが。

(2014年7月9日(水) 17:07)

前の記事

この記事を書いたコーチ

独学で合格!FPのお仕事の経験談を交えて、明るく合格をサポート

ブログ記事 ページ先頭へ