サイタ資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール埼玉 武井アカデミー・FPスクール スクールブログ 年代別ライフス...

年代別ライフスタイルの特徴

年代別ライフスタイルの特徴
 現代では、婚姻率の低下や離婚率の上昇、晩婚化などライフデザインが多様化しています。それぞれのライフデザインを考慮したうえで、年代別のライフプランニングを行うことが大切です。


★*独身期:20代前半
   就職して社会に適応していく時期。自分自身のライフデザインを確立し、金融知識を身につけ、将来に備えてファイナンシャル・プランニングをするスタートの時です。


★*家族形成期:20代後半~30代前半
   結婚・出産など、家族を形成していく時期。住宅購入資金、教育資金などさまざまな資金の準備が必要な時です。子どもが小さいうちは世帯主の死亡保障の確保も必要です。


★*家族成長期:30代後半~40代前半
   住宅の取得や子どもの進学など、出費の多くなる時期。親の介護や相続などについても考え始める時です。


★家族成熟期:40代後半~50代
   教育費や住宅ローンの返済を考慮しながら、親の介護と合わせて自分の老後についても検討していく時期です。子どもが自立し、家計への負担は比較的軽くなり、老後資金を確保するときです。


★定年退職期:60代以降
   セカンドライフスタートの時期。今まで蓄えた老後資金を運用しながら、退職後のプランニングをしていきます。
 

 

(2014年6月6日(金) 17:57)

前の記事

次の記事

目的・種類別にファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を探す

新着記事

<1>不当景表法の重要ポイント 1.宅建業者は、宅地・建物の取引に際して下記の額を超えない景品類を提供できる ・①懸賞により提供する景品類:取引価額の20倍または10万円のいずれか低い額を超えない場合(景品類の総額が取引予定総額の100分の2以内) ・②懸賞によらず提供する景...

■不当景表法 不動産業において、効率よく販売するため広告に頼らざるを得ません。 一般消費者も実際に現地を確認する前にいろいろな広告を比較します。 この広告に誤った情報や誤解されるような表現があれば、一般消費者に損害を及ぼしかねません。 そのために、不動産広告には「不当景表法」が...

★証券化支援業務を分かりやすくまとめますと、 ①一般金融機関が行う住宅の建設や購入に必要な資金の貸付債権の譲受け ②上記貸付債権を担保とする債券などに係る債務保証 です。 この、住宅ローン利用者や一般金融機関、投資家を取り込んだ機構の証券化支援業務は 「フラット35」...

<1>住宅金融支援機構の主な業務 1.証券化支援業務 証券化支援業務とは、民間金融機関の貸付債権の譲受け。その貸付債権を証券化する業務です。 一般金融機関の住宅ローンを機構(住宅金融公庫)が買い取った上で証券化を行うことで、 一定のリスクを投資家に転嫁します。 これに...

【Ⅷ】「独立行政法人住宅金融支援機構法」 特殊法人改革に伴い、旧・住宅金融公庫が廃止され、その業務を引き継ぐ形で2007年4月に誕生した独立行政法人。一般消費者向けの直接融資を行わず、 民間金融機関と提携して住宅ローン債権の証券化をサポートすることで、長期固定金利の住宅ローン「...

ブログ記事 ページ先頭へ